食事管理ーダイエット

【ダイエット】食物繊維の効果とは?【今さら聞けない】

サムネイル-食物繊維とは?

どーも、まことです。
今回の記事では、食物繊維について話していこうと思います。

「食物繊維が大切というのをよく聞くけど、実のところ、食物繊維って何なのかよくわからない。どんな効果があるの?」

こんな疑問を解決します。

食物繊維とは?

食物繊維とは?

まず食物繊維とは何なのかを説明していきます。

食物繊維とは、炭水化物の一種です。
食物繊維と聞くと野菜を思い浮かべることが多いと思いますが、実は動物性食品にも含まれています。

とはいえ、通常の食事の中で摂取される食物繊維のほとんどは、植物性繊維に含まれる難消化性多糖類(セルロース、ペクチンなど)です。
食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維があります。

トクホとして販売されている商品に多くに難消化性デキストリンというのが含まれているのを見たことがある人もいるかもしれません。
この難消化性デキストリンも食物繊維の一種です。

 

食物繊維の効果とは?

食物繊維の効果とは?

次に食物繊維の効果について見ていきます。

食物繊維は消化・吸収されずに大腸まで到達し、その過程で機能を発揮します

まずは、小腸で効果を発揮します。
食物繊維は水を吸収し、体積が増加し、粘性のゲル状になります。
ゲル状になり、小腸において食物繊維自体が糖質や脂質を吸収し、カラダへの吸収を阻害します

大腸においても効果を発揮します。
食物繊維は大腸で、腸内細菌によって、分解・発酵されます
この分解によって、短鎖脂肪酸が生成し、この短鎖脂肪酸がよい効果をもたらします。

短鎖脂肪酸の効果

・糞便の固形化
・腸内環境を酸性に保つ効果

それぞれ解説していきます。

まず1つ目の「糞便の固形化」です。
いきなり汚い話ですみません(笑)
短鎖脂肪酸は、大腸で吸収される際に、水とともに吸収されます。
その結果、水っぽかった便から水が取り除かれることになり、糞便の固形化の効果が期待できます。

次に、「腸内環境を酸性に保つ効果」について解説します。
短鎖脂肪酸は酸性なので、腸内を酸性にする効果があります。
腸内が酸性に保たれることによって、酸性に弱い病原菌などの増殖が抑制され、反対に、酸性に強いビフィズス菌や乳酸菌などの有用菌の増殖が促進されます。

加えて、短鎖脂肪酸は摂食中枢に作用し、食欲を低下させたり、脂肪の蓄積を予防する効果があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の記事では、簡単ではありますが、食物繊維について紹介いたしました。
非常に多くの効果があることがお分かりいただけたと思います。
なぜ多くのトクホ商品に難消化デキストリンが配合されているかの理由がここにあります。

また、このように健康にかかわるものも今後紹介していこうと思います。

参考文献
寺田新著「スポーツ栄養学」東京大学出版会 2017
入江潤一郎. 実験医学 vol.34 pp215-220「腸内細菌と肥満症」2016