自己紹介

まこと

どーも、まことです!

私に興味をもっていただき、ありがとうございます!

サラリーマンやりながらマッチョ目指してます!
忙しいを言い訳にせず、自分に厳しく、トレーニングをしていきます。

ただがむしゃらにトレー二ングをするのではなく、勉強していろんな知識を身につけ、怪我なく効率の良いトレーニングをしていきます。

フィットフリークブログについて

このブログでは、さまざまな面から見た筋トレの知識について紹介していきます。

テキトーな内容を紹介するのではなく、科学的根拠を示せるもの、私自身の経験からわかった質にこだわった情報を発信していきます。

紹介するものは、ただ紹介するだけでなく、私自身も実践していき、情報の質に磨きをかけていきたいと思います。

筆者について

趣味
一生ものの趣味:筋トレ,読書,フットサル,旅行
最近始めた趣味:ダイビング
下火になっている趣味:バイク(サーキット・ツーリング), クルマ(ドライブ),ビリヤード
はじめたいと思っている趣味:ゴルフ

筋トレ
今は、週に5〜6回トレーニングしています。

愛車
HONDAのCBR650Fというバイクに乗っています。

将来の目標
ジムを建てる。
海外に移住する。

私のトレーニング史

私の今までの人生のトレーニングの歴史を紹介していきます。

中学~高校まで

私がはじめて筋トレらしきものをしたのは、中学の部活の時です。

サッカー部だったのですが、雨の日でグランドが使えない日だけトレーニングをする感じでした。
メニューは、腕立て伏せ・バックエクステンション・腹筋・スクワットだけです。
すべて自重のみです。

時々、同じメニューを自宅でやったりもしましたが、不定期でしかトレーニングをしないので、筋肉がついている感じはありませんでした。

昔の部活のトレーニングとして悪名高い”うさぎ跳び”ですが、私の中学時代にはすでに、膝によくないことがわかっていて、私は一切やりませんでした。

中学を卒業後、自宅から最寄りの高校に進学しました。

高校でもサッカー部に入りました。

高校サッカー部でも、基本的には、筋トレはしませんでした。
中学の時と同じく、部活での筋トレは、雨の日にちょろちょろっとやるくらいでした。

ただ自分のなかで、少し筋肉に目覚めたところもあって、腕立てだけはめっちゃやっていました。(笑)
時々、グランドにある鉄棒で、友達と懸垂勝負などもしてました。

でも、知識とかは全くなく、ただひたすらにできなくなるまでやり続けるというような感じでした。
セットの概念はなく、1回限界までやったら終わりにしてた気がします。
すこし記憶があいまいです。

ただ間違いないのは、ウエイトなどを使った、自重以外のトレーニングは一切しなかったということです。

大学1年~大学3年前半

高校卒業後、大学に進学しました。

大学では、サッカーを続けたい気持ちはありながらも、通学に時間がかかることがネックで、部活はあきらめました。
そこで、週に1日だけあるフットサルサークルに入りました。

私が入ったサークルは初心者でも参加しやすいようなサークルで、よく言えば”和気あいあい”、悪く言えば”なあなあ”な感じフットサルをしていました。

中学・高校部活でのサッカーのガチガチにかためられたのとは、違う楽しさがありましたが、少し物足りなさを感じていました。
物足りなさというのは、サークルの本気度にもそうですし、週1という回数にもです。

そんなときに、高校時からの友人から、最近、筋トレを始めたということを聞き、私もやりたいと言って始めたのが、私の筋トレの始まりです。

はじめは、市営のスポーツセンターのトレーニングルームから始めました。
今思えば、マシンも少なく簡素なジムでしたが、始めたばかりの私にはどれも新鮮で楽しくやっていました。

この時もほとんど知識はなく、10回くらいできる重量に設定すると筋肥大に良いということくらいしか知らなかったです。

知識はありませんが、プロテインだけは飲み始めていました。
特にこだわりはなくて、Amazonで安いのはないかといろいろ探していました。
この時の選ぶ基準は、値段だけでした(笑)
あまり記憶がないですいが、海外製のものをよく飲んでいた気がします。

ただ、1日のタンパク質摂取量とかは全く気にせず、トレーニングした日に1杯飲むというようなテキトーな感じでした。

こんな感じを2年くらい続けていました。

大学3年後半~大学院1年

大学3年の後半にちょっとした転機がありました。

それはジムでのアルバイトを始めたことです。
それまでは、全くアルバイトの経験はありませんでした。

アルバイトを始める気になったきっかけは、全く覚えていませんが、「この気持ちがあるうちに、どこかの面接申し込んじゃおう!」と勢いがあったのだけは覚えています。(笑)

そして始めたのはスポーツジムでのアルバイトでした。

ジムでのアルバイトを始めてからは、アルバイト先のジムが無料で使えたので、そこでトレーニングをよくしていました。
とはいっても、平気で数か月トレーニングしないという期間があったりしました・・・

トレーニングの知識に関しては、アルバイトの研修で少しは勉強していましたが、そこまで詳しい知識はなく、ジムにおいてあるマシンの最低限の使い方くらいしかわかっていませんでした。

この時期は、DNSのプロテインを飲んでいました。
アルバイトの福利厚生で、2割引きで買えたからです。
DNSはちょっと高めなので、2割引きになっても、Amazonで売っている他製品の方が安いという状況でしたが、DNSの方が圧倒的においしかったので、DNSを買っていました。

このバイトは、大学院卒業までの3年ちょい続けました。

大学院2年~現在

大学院2年生、私の学生最後の年です。

この年に、自宅の近所にエニタイムフィットネスができました。

エニタイムはオープン前~オープン1か月後の期間、会費がかなりやすくなるキャンペーンをします。
私の自宅近所のエニタイムもその例にもれず、オープンキャンペーンをしていました。
広告の格安な会費を見て、とりあえず申し込んでみたのが、現在まで続いています。

エニタイムに入会してからが、私の本当のトレーニング史のはじまりと言っても過言ではありません。

今までは、格安の市営ジムだったり、アルバイト先の無料のジムだったり、大したお金を払わずにトレーニングをしてきましたが、初めてフィットネスジムに入会し、けっこうなお金を払うことになったので、しっかり効果を出さなきゃと思い勉強を始めました。

勉強だけでなく、もちろんジムにも定期的に通いました。
入会以来、今に至るまで、旅行などの特別な理由を除き、1週間以上トレーニングをあけたことはありません。

現在とこれから

現在は、サラリーマンをしながら、週5~6日ジムに通いながら、トレーニングについての勉強も進めています。

いつかはコンテストとかにも出てみたいとは思っていますが、それはまだ先のはなし。

トレーニングは初めてやったときが一番筋肉が付きやすく、だんだん筋肉はつきにくくなっていきます。私は、一番筋肉が付きやすい時期を、すごいテキトーにトレーニングをしてしまい、とてももったいないことをしました。

ただ、筋トレは一生ものの趣味にするつもりで、まだまだ時間はあるので、問題なしです。