サプリメントーダイエット

L-カルニチンに脂肪燃焼効果はあるのか【サプリメント】

L-カルニチンの脂肪燃焼効果【科学的証拠】ーサムネイル

どーも、まことです。
今回の記事では、L-カルニチンの効果について解説していきます。

ダイエットしたい人
「L-カルニチンを摂取すると脂肪燃焼効果が得られるということを聞いたけど、その効果は科学的に証明されてるの?」

こんな疑問を解決します。

L-カルニチンとは?

L-カルニチンとは?

L-カルニチンとは何かについて簡単に紹介します。

L-カルニチンは、体内で生成できる物質で、リジンとメチオニン使って生成されます。

食肉に含まれ、牛肉に特に多く含まれる物質です。

脂肪燃焼に不可欠な物質としてよく知られています

 

脂肪燃焼においての役割

脂肪燃焼においての役割

L-カルニチンが、具体的にどのように、脂肪燃焼に役立っているのかを説明していきます。

皮下脂肪や内臓脂肪と呼ばれ、カラダのいろいろなところにある中性脂肪は、そのままの形で燃焼されるわけではありません。

中性脂肪はまず脂肪酸に分解されます。
その脂肪酸は、ミトコンドリアという細胞内で燃焼(酸化)され、エネルギー源に変換されます。

このように脂肪酸が燃焼されるには、ミトコンドリア内に入ることが必要です。
しかし、脂肪酸は単独では、ミトコンドリアの中に入ることはできません。

ここで活躍するのが、L-カルニチンです。

L-カルニチンが脂肪酸と結合することにより、脂肪酸はミトコンドリアの中に入れるようになります。

そのため、L-カルニチンは、脂肪燃焼に不可欠な物資と呼ばれるのです。

L-カルニチンの役割をイメージで表すと以下です。

ミトコンドリアの役割

 

脂肪利用を促進する効果はない

L-カルニチンについての研究結果

上記で説明したように、L-カルニチンは脂肪燃焼に不可欠な物質です。

もともと体内で生成することができる物質ではありますが、サプリメントとして、より多くのL-カルニチンを摂取することで、脂肪の利用促進効果が期待されています。

また、脂質の利用が増加することによる糖質の節約効果も期待されています。
(糖質の節約は、運動のパフォーマンスアップが期待できます。)

しかし、脂肪の利用促進について調べた研究では、人間でもラットでも明確な効果は示されていないのが現状です。(*1, *2)

人間に対しての研究→*1
ラットに対しての研究→*2

 

運動後の回復促進効果がある

それでは、L-カルニチンを摂取することには全く意味がないかというとそうではありません。

いくつかの研究では、「運動後の回復を促進する」という効果が示されています。(*3, *4)

運動をすると血管拡張が起こります。(低酸素状態を軽減するため)
この血管拡張効果が促進することが、運動後の回復を促進するメカニズムであると考えられています。

この血管拡張の促進効果により、運動後の回復促進以外にも下記の効果が確認されています。

ウエイトトレーニング後の筋肉痛と筋損傷の軽減(*5)
運動中の疲労軽減(*6)

 

有害作用はなし

L-カルニチンについての多くの研究では、1日の摂取量を3gとしています。

この摂取量で有害作用の報告は全くなく1日3gであれば、健康な成人には十分許容範囲であると考えられています。

 

まとめ

今回の記事では、L-カルニチンについて解説してきました。

L-カルニチンは脂肪燃焼に必須の物資という非常にキャッチーなフレーズで紹介されます。

脂肪燃焼に必須の物質ということは間違いないありません。
間違いはありませんが、事実を少し隠しています。

脂肪燃焼に必須の物資を摂取すれば、脂肪燃焼効果が得られる、一見論理的に見えます。
しかし、人間のカラダはそれほど単純ではありません。
必ずしも、Aを摂取したからと言って、必ずしも血中のAが増えるわけではありません

L-カルニチンのようにな説明をしているようでも、科学的に効果が認められていないものもあるので、広告に騙されないように十分に注意しましょう。

 

インスタツイッターでは、日々のトレーニングについて発信しています。筋トレマニアが日々どんなトレーニングをしているのか気になった方はぜひフォローよろしくお願いします。