サプリメント

コラーゲンに美肌効果はある??【科学的根拠】

コラーゲンに美肌効果はある??【科学的根拠】-サムネイル

どーも、まことです。
今回の記事では、コラーゲンについて話していこうと思います。

お肌ぷるぷるになりたい人
「コラーゲンに美肌効果って本当にあるのかなぁ・・・効果がないってのも聞いたことがあるのだけれど、本当はどっちなんだろう?」

コラーゲンはそのままでは吸収されない

コラーゲンはそのままでは吸収されない

コラーゲンについての話を理解しやすくするために、まず、タンパク質とアミノ酸の関係について解説ていきます。

コラーゲンとタンパク質なんて、まったく関係のないものと考えてしまいそうですが、実は大いに関係がありますので、まずは、聞いてみてください(笑)

タンパク質とは多数のアミノ酸が結合したもののことを言います。

お肉には、タンパク質が多く含まれています。
お肉を食べて、体内に入ってきたタンパク質はそのままでは吸収されず、消化酵素によって、アミノ酸に分解された後に吸収されます。

感覚的にわかると思いますが、上記の事実からも、牛の肉を食べたからと言って、牛の筋肉がそのままつくわけではありませんし、馬の肉を食べたからと言って、馬の筋肉がつくわけでもありません。

肉(タンパク質)はそのまま吸収されるのではなく、分解されてから吸収されるのです。

それでは、コラーゲンについてはどうでしょうか?

コラーゲンは、人間の体には多く含まれている物質です。
肌だけでなく、靭帯や健、軟骨、骨にも含まれています

コラーゲンは肌に多く含まれているから、コラーゲンを多く摂取すると、肌が綺麗になるこれは本当でしょうか?

コラーゲンは多数のアミノ酸が結合してできています。

ここで、気づいた人もいるかもしれません。
そうです。
コラーゲンはタンパク質の1種です。

ほかのタンパク質と同様にコラーゲンは、そのまま吸収されるのではなく、アミノ酸に分解されてから吸収されます

なので、コラーゲンを摂取したからと言って、そのコラーゲンがそのまま肌に補給されるわけではありません。

美肌効果があるかは不明

美肌効果があるかは不明

コラーゲンは、肌に直接吸収されるわけではないことがわかりました。

直接吸収されないからといって、コラーゲンを摂ることは、肌に効果がないのでしょうか?

例えば、肉を摂った場合を考えてみましょう。

牛でも、豚でも、鳥でも、肉を食べたからといって、それがそのまま筋肉になるわけではありません。
しかし、食べた肉は、タンパク質(アミノ酸)として、体内で吸収され筋肉の原料となります。

このように、直接吸収されないからと言って効果がないわけではなく、コラーゲンでも、肌の原料となり、美肌になるなどの効果があってもおかしくはなさそうです。

しかし、現時点の結論としては、コラーゲンに美肌効果があるかどうかは、「わからない」ということでです。

効果があることを科学的に証明することはできないが、効果がないことも証明されていないという状況です。

 

コラーゲンは関節に良い

コラーゲンは関節に良い

それでは、コラーゲンの摂取は意味のないことなのでしょうか?
コラーゲンの摂取による効果で科学的に認められているものはないのでしょうか?

それが実はあります。

上では、コラーゲンは体内では、肌だけではなく、靭帯や健、軟骨、骨などにも含まれているということを紹介しました。

その一つである軟骨において、コラーゲン摂取による効果が科学的にも認められています。

Oral administration of (14)C labeled gelatin hydrolysate leads to an accumulation of radioactivity in cartilage of mice (C57/BL)“という論文は、ゼラチンの分解物を摂取すると、軟骨組織への蓄積が認められたと報告しています。
(ゼラチンとコラーゲンの違いについては、次章で解説します。)

実際に日本では、消費者庁が科学的根拠があることから、ひざコラーゲンサポートという商品の「膝関節が気になる方に」という表記を認可しています。

 

ゼラチンとコラーゲンの違い

コラーゲンと似たものにゼラチンがあります。

ゼラチンは、コラーゲンをより吸収しやすくなるよう処理をされたものです。

ゼラチンもコラーゲンも多数のアミノ酸が結合してできたなが〜い分子からできています。

2つの違いをイメージで表すと、下記のようになります。

・コラーゲンは、アミノ酸が多数結合した長い糸のような分子が、たくさん絡み合っている状態。
・ゼラチンは、長い糸のような分子であることは変わりないが、その糸があまり絡み合っていない。

そのほかに、コラーゲンペプチドというものがあります。
コラーゲン関係の商品を見てみると、コラーゲンペプチドというものもよく見かけると思います。

コラーゲンペプチドというのは、ゼラチンのなが~い糸のような分子を短く切ったようなものです。
ゼラチンは、コラーゲンを吸収しやすくしたものだと紹介しましたが、コラーゲンペプチドはゼラチンよりも吸収されやすいです。

 

コラーゲンとゼラチンとコラーゲンペプチドをの違いはこちらのサイトでわかりやすく解説してありました。

 

最後に

今回の記事では、コラーゲンの美肌効果についてはまだ、科学的に証明されたわけではないということを紹介しました。

コラーゲンに限らず、世の中に売っているサプリメントには、科学的に効果が証明されていないものがたくさんあります。

昔は、普段の食事がしっかり摂れていれば、サプリメントなんかいらないというような風潮がありましたが、今の時代、そんなことはなくなっています。

サプリメントで、普段の食事からは摂りづらい栄養素を摂取して、健康・美容につなげるということが一般的になっています。

こんな時代だからこそ、しっかりとした知識をもち、自分の口に入れるものが、どんなものかを知る必要があると思います。

当ブログでは、筋トレやダイエットに関係するサプリメントについて紹介しているので、ぜひ見ていってください!!

HMB徹底解説【飲むだけでマッチョって本当?】 どーも、まことです。 今日は、最近話題になっているHMBについて調べたことを紹介していきます。 はじめに 皆さんはHM...

インスタツイッターでは、日々のトレーニングについて発信しています。筋トレマニアが日々どんなトレーニングをしているのか気になった方はぜひフォローよろしくお願いします。