サプリメント

【徹底解説】プロテインの種類・特徴

どーも、まことです。
今回の記事では、プロテインの種類とそれぞれの特徴について解説します。

プロテインは種類がありすぎてどう選べば良いかわからない方は必見です。

プロテインは3種類

プロテインには大きく分けて3種類あることはご存知でしょうか?

その3つは

・ホエイプロテイン
・カゼインプロテイン
・ソイプロテイン

の3つです。

これらは、それぞれが優れているとか、劣っているとかではなく、それぞれに特徴があって、目的あわせて選択するものです。

これから3つについて詳しく紹介していきます。

ホエイプロテイン

まずは、ホエイプロテインについて紹介していきます。
ホエイプロテインは今回紹介する3つのなかでは、一番メジャーなプロテインです。

ホエイプロテインは動物性タンパク質です。
消化・吸収が速いという特徴があります。

なので、筋トレ後などにタンパク質の吸収が高まったときに飲むと効果的です。
(筋トレ後タンパク質の吸収が非常に高まりますが、それは時間が経つにつれて元の状態に戻ってしまいます。なので、筋トレ後に飲むものとしては、消化・吸収の速いものが良いのです。)

ほかにも、分岐鎖アミノ酸(BCAA)というアミノ酸が多く含まれており、分岐鎖アミノ酸は筋肉がタンパク質を取り込むのを促進する効果があります。

メジャーなプロテインなので、いろんな商品があります。
いろいろありすぎて迷うかもしれませんが、ちゃんと調べれば自分の好みのものが見つかるはずです。
参考:【筋トレ初心者向け】プロテインの選び方

おすすめのホエイプロテイン

 

カゼインプロテイン

次に、カゼインプロテインについて紹介していきます。
カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同じで、動物性のたんぱく質です。
ですが、ホエイプロテインと異なるのが、消化・吸収に時間がかかるということです。

消化・吸収が遅いと聞くと、消化・吸収の速いホエイプロテインの方が優れてるのでは?と思う方もいるかもしれません。
でも、そうではないのです。
もちろん、ホエイプロテインと同じような目的で使用しようとすれば、ホエイプロテインの方が優れているということになってしまいますが、カゼインプロテインは、ホエイプロテインとは違う目的で使用するのです。

その代表的な例は、就寝時のたんぱく質供給です。
当然のことですが、寝ている間は、食事をすることはできません。
何時間にもわたって、栄養(特にたんぱく質)を補給できないことは、筋肉を発達させようとするうえで、あまり好ましいことではありません。

(筋肉は合成と分解を常に繰り返していて、合成される量と分解される量が一緒であれば、筋肉は一定ですが、栄養補給が不十分だと分解される量が多くなり、筋肉が減少してしまいます。)

そんな問題を解決してくれるのが、カゼインプロテインなのです。
カゼインプロテインは、時間をかけて消化・吸収するので、一度摂取すれば、数時間にわたって筋肉にたんぱく質を供給し続けることができます

おすすめのカゼインプロテイン

ソイプロテイン

今回最後に紹介するのは、ソイプロテインです。
名前からわかる通り大豆由来のプロテインです。

消化・吸収は比較的速く、ホエイプロテインとカゼインプロテインの間という感じです。
上の2つのプロテインにはない特徴として、大豆イソフラボンが含まれていることです。
(大豆イソフラボンとは、体内で女性ホルモンと同じような働きをし、肌をきれいにしたり、髪のツヤ・ハリを保つなどの美容効果が期待できるようです。)

また、ほかのプロテインと比べて腹持ちがいいといわれています。
なので、プロテイン置き換えダイエットなどでは、ほかのプロテインではなく、ソイプロテインにすることによって、あまり空腹を感じずに置き換えることができます。

いろいろ魅力的な点のあるソイプロテインですが、アレルギーのある方は気を付けてください。

おすすめのソイプロテイン

まとめ

ここまで、3つのプロテインを紹介してきました。
それぞれの説明を聞いても、頭に入りにくいところもあると思うので、最後にそれぞれを比較したいと思います。

ホエイプロテイン カゼインプロテイン ソイプロテイン
動物性 動物性 動物性
消化・吸収 速い 遅い 比較的速い
商品の数 かなり多い 多め 少なめ
その他 運動後に飲むのが
おすすめ
就寝前に飲むのが
おすすめ
美容効果のある成分
が含まれている

 

以上、プロテインの種類と特徴の解説でした。