サプリメント

もう失敗しない!プロテインの選び方

どーも、まことです。
今日は、プロテインを選ぶときに見るべきところと私の今までに飲んだことのあるもので自信をもっておすすめできるプロテインを紹介していきます。

はじめに

この記事では、みなさんに「プロテイン選びで失敗させない」ということを目標に、参考になるようなことを紹介していきます。

私自身は、この記事を書いているタイミングで、プロテインを飲み始めては6年目になります。
この6年間でさまざまなプロテインを飲んできて、自信をもっておすすめできるプロテインはいくつか見つけました。(おすすめのプロテインはこの記事の第3章で紹介します)
では、私のおすすめのプロテインを紹介すれば、今回の記事の目的である「皆さんのプロテイン選びでできるだけ失敗させない」ということが達成できるかというとそうではありません。
というのも、最適なプロテインというのは人それぞれ違うからです。
私が、めちゃくちゃ良いと思ったプロテインでも、ほかの人から見たらちょっと微妙ということもありえます。
なので、この記事では、まず、プロテイン探すときに参考になるような見るべきポイントを紹介して、その後に私のおすすめのプロテインを紹介していきます。

プロテインを選ぶときのポイント

プロテインを選ぶときに見るべき点は以下の4つです
・種類
・たんぱく質含有量
・値段
・おいしさ

それぞれについて詳しく説明していきます。

 

種類

まずは、種類についてです。

プロテインには、ホエイプロテイン,カゼインプロテイン,ソイプロテインの3つの種類があります。
おおざっぱに説明すると、
ホエイプロテインとカゼインプロテインは動物性
ソイプロテインは植物性(ソイという名前からわかるように大豆由来のものです)
ホエイプロテインは吸収が早い
カゼインプロテインとソイプロテインは吸収が遅い
などの違いがあります。
よく知らない人にとっては、どれを選んだらいいのかわからない、ということが起きてしまいそうですが、一番一般的なのはホエイプロテインで、ホエイプロテインを選んでおけば間違いはないです。

(それぞれのプロテインの違いはこちらの記事で紹介しています。詳しく知ったうえで選びたいという方は参考にしてください。)

たんぱく質含有量

次に、たんぱく質含有量について説明していきます。

プロテインの質の指標としてたんぱく質含有量というのがよく使われます。
たんぱく質含有量とは、言葉の通りで、
「プロテイン○グラム当たりにたんぱく質が〇グラム含まれている」
ということを示しています。
例えば、私の飲んでいるマイプロテインのImpactホエイは一食分が25 gですが、そのうちたんぱく質は21 g含まれています。
仮に、たんぱく質含有量が低いと、同じ量のたんぱく質を摂るのに、より多くのプロテインを摂取しないといけないことになり、何回もプロテインを飲まないといけなかったり、プロテインの消費が速くなったりします。

値段

次のプロテインの選ぶときに見る点は値段です。
プロテインは継続的に飲み続けないといけないものです。
例えば、
「○○が○○グラム配合!!」
とかで、かなり高いプロテインも売っていたりします。
高いプロテインを買っても、気にせずどんどん飲んで、どんどん買い替えれるとかであれば問題はありません。
でも、背伸びして高いものを買ってちょびちょびしか飲めないとかだと、あまり効果がでないので、値段はあまり背伸びしすぎずに、お金をあまり気にせずにガンガン飲めるくらいの値段がいいと思います。

 

おいしさ

次のプロテインの選ぶときに見る点はおいしさです。
おいしさというのは、買ってみないとわからない点ではありますが、おいしさというのは、ひょっとすると紹介する4点の中では最も重要かもしれません。
私自身は、プロテインに関して、不味くて飲めないということは今までないですが、私の知人で買ったプロテインが不味くてなかなか飲み切れないという人がいました。
当然、飲めなければプロテインは何の意味もないです。
上で紹介したたんぱく質含有量や値段などは重要ですが、それらを気にしすぎた結果、不味いのを選んで、なかなか飲めないということになってしまっては元も子もありません。
財布の許す限り、おいしさにこだわるというのも重要だと思います。

 

おすすめのプロテイン

それでは、6年間プロテインを飲み続けて、私自身が見つけたおすすめのプロテインを紹介していきます。

マイプロテイン Impact  ホエイ

マイプロテインのImpactホエイは現在私が、2年程のみ続けているプロテインです。
マイプロテインの商品は高品質なのにかなり安いので、私はこれを飲み続けています。
フレーバーは50種類を超えるほどたくさんの種類がありますが、私が飲んでいるのは、バナナ味です。
しかし、味に関しては微妙なところで、不味くはないけど、おいしくもないという感じ。
マイプロテインはイギリスの会社なので、その辺は察してください(笑)


種類:ホエイ

たんぱく質含有量:多い
値段:抜群に安い
おいしさ:あまりおいしくない



明治 アクアホエイプロテイン100

明治のアクアホエイプロテイン100は何度か購入したことのある商品です。
私が初めてこれを飲んだのは、友人のを味見させてもらったときで、その時は本当に感動しました。
それまでは、プロテインでおいしいといっても、プロテインとしてはおいしいけど、ジュースとかと比べたら全然だめ、というような認識がありました。
でも、明治のアクアホエイプロテイン100は本当においしくて、ジュースとしても飲めるくらいにおいしいと感じました。
現在は飲んでいませんが、その理由は、たんぱく質含有量が少ないにも関わらず、値段が少し高いからです。
私は現在飲んでいませんが、美味しいものじゃないと飲みたくないという方には、一番のおすすめです。

種類:ホエイ
たんぱく質含有量:少ない
値段:少し高い
おいしさ:めちゃくちゃうまい。ジュースとして飲みたくなるほど!



DNS プロテインホエイ100

DNSのプロテインホエイ100はマイプロテインのImpactホエイを飲み始める前に1年程のみ続けていました。
これは上で紹介した2つの中間のような立ち位置です。
味はおいしく、たんぱく質含有量も高めです。
ですが、少し値段が高いのが難点です。
国産で安心できるので、お財布に余裕のある方にはおすすめの商品です。

味の種類はいくつかありますが、私のおすすめはカフェオレ味です。

種類:ホエイ
たんぱく質含有量:多い
値段:少し高い
おいしさ:おいしい

最後に

参考になりましたでしょうか。
今回の記事では、プロテインの選び方に加え、おすすめのプロテインを紹介しました。

今回紹介したプロテインは、私自身が本当に自信をもっておすすめできるものだけを紹介しました。
ですが、人それぞれ味覚も違いますし、私のおすすめのプロテインも気に入らないかもしれません。
そんなときは、今回紹介したプロテインの選び方を参考に、自分に合ったプロテイン選びをしてみてください!!