サプリメント

シトルリンマレート体験日記 Part3-最終報告編-

シトルリンマレート体験記(最終報告編)

どーも、まことです。
以前買ったシトルリンマレートの1ボトルを飲みきったので、シトルリンマレート体験日記の最終報告していきます。

「シトルリンマレートで実際のところどうなんだろう・・・実感できるほどの効果はあるのかなぁ」

こんな人の参考になれば幸いです。

シトルリンマレート体験日記は今までに2つ記事を書いているのでそちらも参考にしてください。

シトルリンマレート体験日記 Part1-購入編-体験記の第1弾です。今回は、シトルリンマレートの効果の紹介、私が購入したサプリメントの紹介、なぜそれを選んだのかの紹介をしていきます。...
シトルリンマレート体験日記 Part2-実践編-シトルリンマレートを摂取し始めて2週間程度経ったので、そのレビューをします。期待通り得られた効果、得られなかった効果、副作用についても紹介します。...

Part1では、商品の選び方を紹介しています。
Part2では、摂取開始2週間経った時の実感について紹介しています。

結論:疲労回復効果だけ実感

結論:疲労回復効果だけ実感

まず、シトルリンマレートを摂取するとどんな効果が期待できるとされているかについて紹介していきます。
シトルリンマレートの効果は下記のものがあります。(詳しくはこちらの記事)

シトルリンマレートの効果

1.血管拡張作用よるパンプアップ効果
2.無酸素運動のパフォーマンス向上
3.疲労回復効果

1と2に関しては、トレーニングの最中に関係するところで、3はトレーニング後に関係する効果になっています。

そして、シトルリンマレートを1ボトル摂取した感想は、3つある効果のうち、疲労回復効果だけは実感することができました。

疲労回復効果は、具体的には筋肉痛を減少させるという効果です。

 

私が、これを特に実感したのは、脚トレの翌日のことです。

私は脚トレをすると、翌日は毎回歩き方がおかしくなってしまうくらい筋肉痛がきていました。
しかし、シトルリンマレートを摂取して、脚トレをした翌日は、筋肉痛がなくなるまではいかないものの、かなり筋肉痛が抑えられていることが実感できました。

 

その他の効果について

その他の効果について

シトルリンマレートには、3つの効果があって、そのうち1つの疲労回復効果は実感できました。

それでは、そのほかの2つの効果についてはどうだったかというと、ほとんど感じることができませんでした

2つの感じることができなかった効果について感想を少し紹介していきます。

血管拡張作用よるパンプアップ効果

この効果については、全く感じることができませんでした。

だいたいサプリを飲むと、「効いていると言われれば、効いている気もするし、効いていないと言われればそんな気もする」というような感想になることが多い気がします。

しかし、私にとってのシトルリンマレートのこの効果については、そのような感想にすらならず、全く実感できていないという感じでした。

無酸素運動のパフォーマンス向上

こちらは、前回の報告記事の時には、若干効いているかもしれないと報告しました。

そのかもしれないという感覚は、今でもかもしれないのままで明確にはなっていないです。

ただ、シトルリンマレートを1ボトル飲みきった後、ある程度の期間、トレーニングをしましたが、大幅には記録は変わっていないです。

結論としては、この効果については、効いていないとは言い切れないけれど、ひと月あたり千円弱かかるとなると、買うか迷うレベルです。

 

副作用について

副作用について

購入前から調べて知っていたシトルリンマレートの副作用に「胃の不快感」というものがあります。

これについては、前回の記事の時にも紹介しましたが、実際に胃に不快感は感じました

日によって症状の強弱は若干異なり、ほとんど何も感じない日もあれば、お腹がゆるくなることもありました。

 

今後の購入について

今後の購入について

今回の記事は、シトルリンマレートを3ヶ月ほど続けてきて、どうだったかという報告です。

上でも紹介したように、効果としては、疲労回復効果だけは実感することができました。

皆さんが気になるのは、ある程度のトレーニング経験者が、一度使って、またそれを再度購入する価値を見いだせているかどうかだと思います。

結論としては、再度購入はしません。

理由としては、効果は感じているものの、かなりわずかであり、値段ほどの価値を見出せないからです。

オススメするとしたら、多少コストがかかっても、はやく筋肉をつけたいという人向けです。

今回で、シトルリンマレートの体験日記は、終わりとなります。
次はクレアチンを試してみようと思っています。

クレアチンを試す時には、また記事にするので、ぜひご覧ください。