サプリメントー筋肥大

EAAとBCAAの違いは?

どーも、まことです。
今回の記事では、EAAとBCAAについて紹介します。

EAAとBCAAはどちらもアミノ酸のことですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

EAAとは?

EAAとは、必須アミノ酸のこと(Essential Amino Acid)です。

必須アミノ酸とは、体内で合成されないため、食事から摂取しなければならないアミノ酸のこと。

・ロイシン
・イソロイシン
・バリン
・リジン
・メチオニン
・フェニルアラニン
・スレオニン
・トリプトファン
・ヒスチジン

上記の9つが必須アミノ酸です。

アミノ酸は、これら以外にもたくさんありますが、これら以外のアミノ酸は、非必須アミノ酸と呼ばれます。

 

EAAの効果

EAAには、筋タンパク質合成*を促進する効果があります。
*筋タンパク質合成とは、筋肉にタンパク質が取り込まれることです。

筋タンパク質合成には、タンパク質が必要だとよく言われます。
タンパク質は、複数のアミノ酸がたくさん集まってできたものです。

タンパク質が体内に取り込まれる際は、アミノ酸に分解されてから吸収されるので、結局、重要なのはアミノ酸です。

タンパク質を構成するアミノ酸には必須アミノ酸に加え、非必須アミノ酸も含まれます。

しかし、実際に、筋タンパク質合成を促進するのに必要なのは、必須アミノ酸のみなのです*1

 

EAAの副作用

EAA関連の論文は数多くありますが、有害性を報告した論文はありません。*2

アミノ酸は普段の食事に普通に含まれているものですので有害性はないというのもうなづけます。

副作用もないので、EAAが気になった人は試してみても良いと思います。

 

非必須アミノ酸も摂取すべき
上記では、非必須アミノ酸は筋タンパク質合成を促進に必ずしも必要ではないと紹介しました。
しかし、非必須アミノ酸が筋トレの効果を最大化するのに不要という意味ではありません。

非必須アミノ酸には、必須アミノ酸が節約する効果があります。

つまり、非必須アミノ酸を摂取することで、筋タンパク質合成以外での必須アミノ酸の消費を防ぎ、筋タンパク質合成に使える必須アミノ酸が増やすことができます。

 

BCAAとは?

BCAAとは分岐鎖アミノ酸のこと(Branched Chain Amino Acids)です。
そして、分岐鎖アミノ酸とは、ロイシン,イソロイシン,バリンのことです。

 

BCAAの効果

分岐鎖アミノ酸は、筋タンパク質合成の増加において重要であることが明らかにされています。*3

分岐鎖アミノ酸のなかでもロイシンは特に重要で、筋たんぱく質合成経路の一つであるAkt/mTOR経路*を刺激する鍵となるアミノ酸です。
*Akt/mTOR経路とは、筋たんぱく質合成の経路の一つ。この他にも複数の筋たんぱく合成経路があります。

ロイシンを多く含む必須アミノ酸飲料は、ロイシン量が通常の必須アミノ酸飲料を比較して、筋たんぱく質合成が有意に増加したという報告がされています。*4

 

BCAAの副作用

EAAと同様に、BCAA摂取による有害作用を報告する論文はありません。*2

サプリメントとして、BCAAはEAAよりも安く売っているので、興味のある人はぜひ飲んでみてください。

以上、EAAとBCAAの紹介でした。
スポーツサプリメント産業は年々拡大していて、新しい商品も続々と生まれています。
しかし、なかには効果の怪しいものなどもあるので、新しいものを買うときは、一度それがどんなものなのか、ちゃんと効果はあるのか、副作用はないかなどを調べてみるのがよいと思います。