筋トレージム

【ジム】デブやガリでも行っていい?

サムネイルーデブガリがジムに行くのは恥ずかしいのか

どーも、まことです。
今回の記事でどんな人がジムに通っているかについて紹介していきます。

ジム未経験者
「自分はデブだけど、こんな自分でもジムに行ってもいいのかなぁ・・・まず、痩せなきゃいけない??」

こんな疑問に答えていきます。

【結論】デブでもガリでも全然問題なし

【結論】デブでもガリでも全然問題なし

ジムに行ったことのない人からすると、「ジムにはゴリゴリのマッチョばかりなのでは?」と考えているかもしれません。

しかし、実際には、全くそんなことはなく、デブでもガリでも全く問題なしです。

私は学生時代に、会員数1000人ほどの全国チェーンの大手総合ジムでアルバイトをしていました。
そのジムでは、会員の半分は、50歳以上のおじさん・おばさんで、健康維持や交流を目的として通っている状態でした。

ガチでトレーニングしている人ももちろんいましたが、見るからにマッチョな人は、5人もいなかったと思います。
会員は1000人ほどいたので、約0.5%以下ということです。

そんな感じで、実際にマッチョはそんなにいません

当然ジムによってもマッチョ率は違います。
数あるジムでも特にマッチョが多いだろうゴールドジムにも行ったことがありますが、そこでもマッチョは半分もいないくらいだったと思います。

それぞれのジムを調査したわけではないので、正確な数字ではありませんし、この記事を読んでくださっている人の近所のジムの状況がどうなのかはわかりません。

正確な数字は実際にジムに見学にいって確認してもらうしかありませんが、大差はないのではないかと思います。

また、ジムのインストラクターから見ても、デブやガリの人がジムに来ているからと言って、見下すなんてことは、もちろんありません

世の中、デブ・ガリのままずっと過ごしている人がいる中で、その状態から抜け出して、よりかっこよくなろうとしている人が見下されるいわれはありません。

そのままの方が恥ずかしくないですか?

そのままの方が恥ずかしくないですか?

もしかしたら、デブ・ガリでも問題ないとわかっても、ジムに行くのが恥ずかしいと感じている人もいるかもしれません。

そんな人への質問があります。
「ずっと、そのままでいる方が恥ずかしくないですか?」

かなりキツイ言葉ですが、実際にそうではありませんか?

ジム通いを始め、まじめに運動をし、それに加えて、食事の管理をすれば、大抵の人は1年もあれば、ある程度の状態までは持っていけます。

しかし、改善しようとしなければ一生(何十年?)そのままです。
むしろ、どんどん悪化していく可能性の方が高いです。

現状を分析し、今後どうなりたいか・何をすべきかを考えましょう。

それでも恥ずかしければパーソナルトレーニング

それでも恥ずかしければパーソナルトレーニング

デブ・ガリで、どうにか自分を変えたい。

でも、どうしても、ジムに行くのは、人目が気になってしまうという方には、パーソナルトレーニングジムがおすすめです。

パーソナルトレーニングジムでは、トレーナーと1対1でトレーニングをするので、ほかの会員さんと一緒にトレーニングをすることはありません

その他、メリットはたくさんあります。

トレーナーが付きっきりで指導をしてくれるので、トレーニングの知識が全くない初心者でも正しいトレーニングができます
また、自分専用のトレーニングメニューを組んでくれるので、目的にあったトレーニングができます

ジムによっては、食事管理の指導をしてくれるところもあります。
体を変えるには、トレーニングも重要ですが、それ以上に食事管理も重要なので、心強いサポートです。

唯一のデメリットは値段でしょう。

一般的なジムは、高いところでも、月1万5千円くらいまでで、1万いかないくらいのところが多いと思います。

一方、パーソナルトレーニングだと、2か月のコースで20~30万円くらいが相場で比較にならないほど高いです。

しかし、一般的なジムで、知識もなく、漫然とトレーニングをするだけでは、効果も出にくいので、その辺をすべてサポートしてくれる点を考慮すると、パーソナルトレーニングの方が、コスパは高いかもしれません

パーソナルトレーニングジムには、無料のカウンセリングや、効果が実感できなければ全額返金保証(条件付き)というところは結構あるので、そういうので試してみるというのもありかもしれません。



一時期CMで有名になったRIZAPもパーソナルトレーニングジムです。 

 



Reborn myselfは、女性専用のジムで、トレーナーも女性のみです。
女性に教えてもらった方が安心できるという方にはお勧めです。

どちらのジムも全国展開しているので、通える範囲にあれば、一度話を聞きに行ってみるとよいかもしれません。

合わなければやめれば良い。まず行動しよう!

合わなければやめれば良い。まず行動しよう!

一般的なジムにしろ、パーソナルトレーニングジムにしろ、「もしかしたら自分には合わないかもしれない」と心配になる人もいるかもしれません。

行ってみて、合わなければ、方法を変えて、また挑戦すればいいのです。

ジムのほかの会員さんとそりが合わないのであれば、行く時間をずらす。
陰口・悪口を言ってくるならば、インストラクターに相談すればいいのです。

それも難しいのであれば、ジムを変える。

他にジムがないのであれば、自宅に設備を整える方法もあります。

自分が変われない原因を自分以外のところに持っていってはいけません。
他人は変えられない。変えられるのは自分だけです。

「短期間でジムを変えたら、お金が無駄になるじゃないか」という意見もあるかもしれません。

確かに、普通のジムでも、入会したら3か月分くらいの月会費と入会金を払わないといけなので、それが無駄になったり、パーソナルトレーニングジムだと、もしかしたら、30万くらいのお金が無駄になるかもしれません。

でも、それが億劫で何も進めないとなっていては、ダメです。

それくらいなら、30万でも捨てるくらいの意気込みでいた方がよいと思っています。

トレーニングをして、身体が変われば、意識がかわる。意識が変われば、人生が変わる。

今現在、30万は高額で大切なお金かもしれません。
しかし、長い人生で見たら30万円というお金はそこまで高額なお金ではなくて、その30万で人生が変えられるのであれば、安いとまではいかなくても、いい買い物になるのではないかと思います。

身体を変えて、人生を変える

今回の記事は、キツイ言葉をつかったりして、いつもとは一風変わった内容でした。

でも、本当に身体を変えることは人生を変えることにつながります。
その思いを伝えたくて、少しアツくなってしまいました。

この記事を書こうと思ったきっかけは私の母の友人の言葉でした。
その人が「デブで痩せたいけど、このままじゃジムに行けないよね」って言っているのを聞いて、ジムに行ったことない人はこういう考え方をしているのだと気づきました。

私自身は、ジムは、身体を変えるために行く場所だと思っていたので、デブが行くのは恥ずかしいなんて感覚はまったく持っていませんでした。
こんな考えを持っているがために、ジムに行けず、体形を変えられず、悩んでいるのであれば、それが間違いであるということを伝えてあげなければいけないと思い、この記事を書いてみました。

この記事がどれだけの人に読んでもらえるかわからないですが、読んでもらえた人にだけでも伝えられたら幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。