筋トレ

【ダイエットとは違う】ボディメイクとは?

siora-photography-cixohzDpNIo-unsplash.jpg samantha-gades-k95uqdEe8R4-unsplash.jpg shutterstock_1011447838.jpg woman-wearing-blue-sports-bra-sitting-on-concrete-floor-2036998.jpg ダイエットではなくボディメイクをしよう.jpg

どーも、まことです。
今回の記事では、ダイエットとボディメイクの違いについて解説していきます。

ダイエットの意味

ダイエットの意味

まずは言葉の定義からみていきましょう。

ダイエットの辞書的な意味は下記です。

健康や美容のために,食事の量や種類を制限すること。

Weblio辞書より引用

つまり、ダイエット=食事制限です。

ですが、多くの場合違う意味で使われています。

ダイエット=「体重を落とすこと。痩せること。」

上記の意味で使われていることが多いです。

たとえば、下記のような文章を見たことがある人も多いはずです。

・マイナス〇〇kgのダイエットに成功
・ダイエットに効果的な運動
・食事制限なしのダイエット

これらは全て、ダイエット=「体重を落とすこと。痩せること。」という意味で使われています。

3つ目なんて特におかしいですよね。
言い換えれば、「食事制限なしの食事制限」となってしまいます。
トンチですか?(笑)

本章のまとめとしては下記です。

・辞書通りだと「ダイエット=食事制限」
・一般的には「ダイエット=痩せること」

 

ボディメイクの意味

ボディメイクの意味

次に、ボディメイクの定義を見ていきましょう。

ボディメイクとは、「痩せることだけではなく、美しい体作りを目指すトレーニング」のこと。

スポーツクラブ メガロス 公式HPより引用

 

ボディメイクという言葉は、近年出てきた言葉なので、厳密な定義はありません。
使われる業界によって少しずつ意味が変わります。

とはいえ、ボディメイクというと、「単に体重の数値を減らすのではなく、理想のスタイル作る」を意味することが多いです。

 

ダイエットとボディメイクの違い

ダイエットとボディメイクの違い

ダイエットとボディメイクについて定義を紹介しましたが、正直違いがわかりにくいですよね。

言葉の定義ではなく、2つの違いに注目して説明したいと思います。

目的・目標の違い
ダイエットを始める理由もボディメイクを始める理由もほとんど同じです。

脂肪を落として見た目の改善または生活習慣予防です。

2つが違うのは注目する点です。
ダイエットはとにかく体重を減らそうと体重の変化に注目します。
一方、ボディメイクは体重ではなく、見た目の変化に注目します。

 

実践方法の違い
ダイエットは「食事制限だけ」または、「食事制限+有酸素運動」をします。
ボディメイクの場合は、「食事制限+筋トレ」です。

筋肉は脂肪よりも重いため、脂肪を減らしても筋肉がつくと体重は減りません。
減らないどころか増える可能性もあります。

そのため、体重を減らすことのみに注目するダイエットにおいては、筋トレは不要です。

しかし、引き締まったカラダを作るためには筋肉が必要なため、ボディメイクの場合は筋トレが必須です。

結果の違い
ダイエットはある程度までであれば、脂肪を落とせて、見た目の改善につながります。

食事制限に有酸素運動が加わると、体重は比較的はやく落ちていくので、ダイエットの成果は早く出やすいです。

ダイエットをやりすぎると、細くなるというより、やせコケるという状態になってしまいます。
また、ダイエットは食事制限と有酸素運動をやめてしまうと、すぐに太り始めてしまいます。

ボディメイクは、筋肉がつくので、体重はそこまで軽くなりませんが、引き締まったカラダになることができます。
筋肉がつくには時間がかかるので、ボディメイクの成果が出るには時間がかかります。

ボディメイクでは、筋肉がつき、太りにくいカラダになるので、リバウンドがしにくいです。

 

いろいろと紹介しましたが、下記のように表わすこともできると思います。

体型改善において、
ダイエットは一時的な解決手段。
ボディメイクは根本的な解決手段。

 

ダイエットは不要、ボディメイクで美しくなろう

ダイエットは不要、ボディメイクで美しくなろう

私は、極度に脂肪が多い人や、直近でイベントがあり、すぐに痩せなけばいけない人以外、ダイエットは不要だと考えています。

ダイエットをする人・ボディメイクをする人はどちらも見た目の改善(美しく/カッコよくなりたい)が目的・目標のはずです。

しかし、その方法を間違えることにより、結果が大きく変わってしまいます。

理想的なスタイルになるには、脂肪を落とすことはもちろん、筋肉量も必要になります。

若いうちは筋トレをしなくてもある程度の筋肉量があります。
しかし、筋トレをしないと、20歳ごろをピークに筋肉量は減少していきます。

いつまでも若々しくメリハリのある体型を維持したいのであれば、脂肪を落としつつ、筋肉をつけるボディメイクをしましょう。

ダイエットの方が短期間で効果が出ると言っても、ダイエットもボディメイクもどちらも楽ではありません。
どうせなら、体型改善の根本的な解決策になるボディメイクをしましょう。

 

以上、ダイエットとボディメイクの違いの解説でした。
本記事でみなさんが体重の数値ではなく、美しさにコミットする一助となれば幸いです。

もしかすると、単語の意味を理解せずに、やっていることはボディメイクだけれども、ダイエットと言っている人もいるかも知れません。
そのような人はこれを機にボディメイクと言い換えるようにしてみてはいかがでしょうか??