筋トレーアイテム

コンプレッションウェアは効果ある?【疲労回復効果】

コンプレッションウェアは効果ある?【疲労回復効果】

どーも、まことです。
今回の記事では、コンプレッションウェアの疲労回復効果について解説します。

筋トレをしている人
「運動不足で筋トレを始めたんだけど、翌日など疲労が残るのが嫌だ。早く疲労が抜けるようにしてくれるものはない??」

こんな疑問を解決します。

本記事は、論文の情報をベースに紹介するので、信頼度は確保されていると思います。

本記事でわかること

・コンプレッションウェアの疲労回復効果について。
・コンプレッションウェアの選び方。

 

コンプレッションウェアは効果ある?

コンプレッションウェアは効果ある?

コンプレッションウェアが筋トレの疲労の回復を促進することは科学的に明らかにされています。*1

コンプレッションウェアというと運動中のみに着るというイメージがあるかもしれませんが、*1の論文では、運動後により長く着ていた方が回復効果が高かったと報告しています。
もちろん汗をかいたものを着続けた方が良いというわけではなく、運動後も別のコンプレッションシャツに着変えた方がよいという意味です。

運動後も着続けるの目安としては、24時間以上です。
*1の論文では、運動後のコンプレッションウェアを着る期間での疲労回復効果の比較もしていました。
次の4つグループにおいて最も回復効果が高かったのは、24時間以上着用していたグループでした。

グループわけ:運動後0~2時間/2~8時間/24時間/24時間以上
→24時間以上が最も疲労回復効果が高い

 

効果が少ない場合もある?

効果が少ない場合もある?

ランニングやそれ以下の軽い有酸素運動においては、疲労回復の効果が低いという報告されています。*1
とはいえ、効果がなかったというわけではありません。
*1の論文では、筋トレ、ランニング、それ以下の軽い有酸素運動においての疲労回復効果を調査をしましたが、コンプレッションウェアはそのすべての運動において疲労回復促進の効果を示しました。

 

肉体労働にも効果的!?

肉体労働にも効果的!?

コンプレッションウェアが肉体労働の疲労の回復を促進すると報告する論文もあります。*2
工場勤務のお兄さん方がコンプレッションウェアを着ているのをよく見るので、論文・科学的根拠などを持ち出さなくても、彼らは体感でその効果を確認していたのかもしれません。

 

選び方【圧力は高いほうがいい?】

選び方【圧力は高いほうがいい?】

コンプレッションウェアが効果があると言っても、体にあったものを選ばなければ効果が薄いどころか効果はなくなってしまいます。

ここから選び方を紹介していきますが、前提として、体にあったコンプレッションウェアを選ぶためにも店頭で試着をしてから購入するのがおすすめです。

*1の論文では、コンプレッションウェアの着圧の強さの違いでの回復効果の違いも報告しており、結論としては、圧力は低い方が疲労回復効果が高かったです。
圧力が低い方が良いとはいえ、ぴったりとフィットすることが前提なので、普通の服のようなゆるゆるではダメです。

安すぎるものは耐久性などに難があるかもしれませんが、あまりに高いものを選ぶ必要もありません。
コンプレッションウェアには、数千円のものから1万円以上する高価なものまであります。
高価なものには、いろいろな付加価値が付けられており、例えば、ワコールのCW-Xだと、特殊な構造でテーピングをしたような効果が得られます。
運動中に着るのであれば、この効果も魅力的ですが、疲労回復が目的の場合は不要です。

疲労回復のためであれば、長袖・長ズボンがおすすめです。
着圧が血行を促進することによって効果が得られるので、回復が必要な部位に着圧がかかることが必要です。
そのため、カバーできる範囲が大きい長袖・長ズボンがおすすめです。

おすすめのウェア
紹介はしますが、実際に購入する場合は、店舗で試着がおすすめです。
これのみがめっちゃおすすめというよりは、これくらいのもので良いですよという参考です。
(画像をタップ/クリックすると、詳細が見れます。)

 

本記事のまとめ

・コンプレッションウェアは疲労回復を促進することが科学的に明らかにされている。
・運動の種類によって回復促進効果は差がある(筋トレによる疲労の回復促進が最も効果が大きい)
・着圧は高くない方が疲労回効果が大きい。(ただし、ピタッとしていることが前提)
・コンプレッションウェアは回復させたい部位を覆う必要があるので、カバー範囲が大きい長袖・長ズボンがおすすめ。

 

参考文献

1.Brown F, Gissane C, Howatson G, van Someren K, Pedlar C, Hill J. Compression Garments and Recovery from Exercise: A Meta-Analysis. Sports Med. 2017;47(11):2245-2267. doi:10.1007/s40279-017-0728-9 PubMed

2.Chan V, Duffield R, Watsford M. The effects of compression garments on performance of prolonged manual-labour exercise and recovery. Appl Physiol Nutr Metab. 2016;41(2):125-132. doi:10.1139/apnm-2015-0335 PubMed