筋トレーアイテム

リストラップの選び方

リストラップ選び方

どーも、まことです。
今回の記事では、リストラップの選び方について紹介していきます。

リストラップを買ったことのない人
「最近、トレーニングをしていると手首が痛い。いろいろ調べてみたら、リストラップが、手首を保護してくれるものらしいけど、どうやって選んだらいいかわからない・・・」

こんな疑問を解決します。

リストラップの選び方

リストラップの選び方

初めてリストラップを買おうと思い、Amazonや楽天をみた人はけっこう種類があり、しかも、どれにすればいいか全然わからないとなった人もいるかもしれません。

そんな方も安心してください。

リストラップといっても、所詮は、帯にゴムひもの輪っかがついているくらいのものなので、選ぶ時に見るポイントも多くはありません。

リストラップを選ぶときは以下の3つだけ見ればOKです。

・長さ
・硬さ
・ゴムひもが付いているか

それぞれ解説していきます。

長さ

リストラップの長さは、リストラップを選ぶときに見るポイントで一番重要なポイントです。
リストラップのほとんどは30〜90cm(12〜36インチ)です。
詳しい選び方については後で紹介しますが、迷った人は、60cm(24インチ)を選べばOKです。

長さの違いは、サポート力の違いと思っていただければOKです。
長くなると、手首に巻く回数が増えるので、より強力にサポートできるようになります。

しかし、長いと毎回巻くのが大変になるので、長ければよいというわけではありません。

なので、サポート力と巻くときの手間のバランスが取れてる60cm(24インチ)を選ぶのがよいと思います。

よく言われる目安としては、ベンチプレスで、100kg以上を扱うようになってきたら、サポート力の強い90cmがいいと言われています。

扱う重量は軽いからといって、30cm(12インチ)を選ぶのはおすすめしません。
理由を説明します。
私は、60cmのものを使っていますが、2周半くらい巻きます。
最初の1周目で位置合わせをして、残りの1周半をきつく締めて、固定してくという感じにしています。
実際に、30cmを使ったことがないので、想像ですが、1周半ほどしか巻けないので、全然キツく巻けないか、巻きづらいかのどちらかだと思います。
すごく腕が細い人は選んでもいいかもしれませんが、そうでない場合は、より長いものを選ぶのが無難です。

硬さ

次に、硬さについて解説していきます。

いろいろな商品を見ていると、商品説明に硬めという記載があるものがあったり、中には、ラインナップの中に硬めのものとそうでないものが選べるものもあります。

この硬さもサポート力に影響します。
硬いほうが、サポート力も強いです。

硬いものを選べば、60cmのものでも、高いサポート力が得られます。
つまり、サポート力は強く、巻く手間はそこそこという感じで、高いサポート力が得たい人にはおすすめです。

ただし、硬めのものだと、キツく巻いたときに手首が痛かったりもするので注意が必要です。

ゴムひもが付いているか

最後にゴムひもが付いているかについて説明していきます。

選ぶときのポイントとしては、あまり重要ではないかもしれません。

というのも、ゴムひもが付いていると巻きやすいというメリットがあるので、初めて買う人には付いているものがおすすめですが、慣れてしまえばなくても問題ありません。

さらにいうと、ゴムひもがついてる商品の方が圧倒的に多いからです(笑)

初心者の選び方

初心者の選び方

この記事を読んでいただいている人の中には、トレーニング初心者の人もいるかもしれないので、初心者向けの選び方も紹介します。

結論からいうと、初心者の人も選び方は変わりません。

初心者の中には、以下のような考えを持つ人がいるかもしれません。

「初心者だから安いテキトーなやつを買えばいい」
「安ければなんでもいい」
「初心者がつけるのは恥ずかしい」

そんな考えは捨てましょう。

リストラップは怪我を防止するトレーニングギヤです。
むしろ、初心者にこそしっかりしたものを選んで欲しいと思います。

一番安いやつは、1000円を切るくらいの値段で売っていることがあるので、安さに惹かれてそのような商品を買いたくなる気持ちもわかります。

しかし、一番高いやつを買ったとしても、4000円弱くらいなので、長く使えるしっかりしたものを買うのをおすすめします。

間違えないように

間違えないように

リストラップを買うときは、Amazonや楽天などのネットショッピングで買おうと思っている人が多いかと思います。

そこで気をつけて欲しいのが、商品の選び間違いです。

リストラップに似た商品でリストストラップというものがあります

使う目的は全く違うのですが、名前が激似、写真だと同じようにもみえる、一番最悪なのが、「リストラップ」と検索しても、「リストストラップ」がヒットすることもあることです。

違いがわかるように、ここでリストストラップの説明もしておきましょう。

リストストラップは、手首とバーに巻きつけて、握力を補助するもので、背中のトレーニングのときに使用します。

背中のトレーニングでは、基本的に引く動作をします。
ある程度の経験者になると、重い重量が扱えるようになっていきます。
すると、狙った筋肉よりも先に握力がさきにへばってしまうようになります。

そこで握力を補助するアイテムをつかって、背中の筋肉に高重量の負荷をあたえるようにするのです。

リストストラップも帯状のトレーニングギヤです。
ですが、リストラップより、リストストラップの方がぐっと細いです。

実物を見れば違いは明らかですが、写真だと大きさがわかりにくいものもあるので、注意が必要です。

それぞれは下記のように覚えるといいかもしれません。

リストラップは、サランラップのように、手首に巻き手首を固定するもの
リストストラップは、手首に巻きつけるストラップ

本記事のまとめます。

・リストラップを選ぶときのポイントは以下の3つ。
長さ・硬さ・ゴムひもの有無

・初心者も選び方は一緒。

・リストストラップと間違えないようにしよう。

 

リストラップの巻き方【正しい巻き方と間違った巻き方】リストラップのつけ方の解説をしています。手首を守るためのリストラップ。きちんと付けれていますか?せっかくつけていても、正しく付けれていないと意味がありません。ここで一度、確認してみましょう。...