筋トレーアイテム

【筋トレ初心者】おすすめのダンベル紹介

【筋トレ初心者】おすすめのダンベル紹介

どーも、まことです。
今回の記事では、筋トレ初心者におすすめのダンベルの選び方について紹介します。

筋トレ初心者
「家でトレーニングするためにダンベルを購入しようと思うんだけど、どんなものがおすすめ?」
筋トレ初心者
「筋トレをしたいけど、ジムに通うのはお金がかかって嫌だ。家でやりたいけど、家でトレーニングするには、どんなものがある?」

こんな疑問を解決します。

ダンベルの種類

ダンベルの種類

おすすめのダンベルを紹介する前にダンベルの種類を紹介します。

ダンベルの種類は大きく分けると2種類です。

・可変式
・固定式

それぞれ説明していきます。

可変式

可変式のダンベルとは、重量を変えられるダンベルのことです。

可変式はさらに2つのタイプに分けられます。

・高機能型
・シャフト&プレート型

高機能型
高機能型は、簡単に重量を変えられるダンベルのことです。

「高機能型」は私が勝手に呼んでいるだけで正式な名称は不明です(笑)

ダイヤルを調整したり、ピンの位置を変えるだけで重量を変えれるので、簡単に重量を調整できるのがメリットですが、価格が高いものが多いです。

また、このタイプの多くが左右が平らなことが多く、実はこのことは大きなメリットです。

胸の種目をやるときなどは、腕を鍛える時と比べると非常に重い重量を扱います。
なので、トレーニングのスタートポジションに持っていく前に、ヒザにいったん置いてから、そこからスタートポジションまで持っていくことが多いです。

そのように使いたいのに左右に突起が出ていたりすると、ヒザに置けないので、非常に不便です。

高機能型のダンベルは非常に高価ですが、ジムの会費を払い続けることと比べたら、安いものです。

 

シャフト&プレート型
シャフトにプレートをつけはずしをして、重量調整をするのがシャフト&プレート型のダンベルです。

高機能型と比べると、比較的安価ですが、重い重量のものを選ぶとそこそこの価格がします。

“The ダンベル”という形をしているので、筋トレの雰囲気は出やすいかもしれません。

留め具を外してから、プレートのつけはずしをしなければいけないので、重量を変えるのが少々面倒です。

 

固定式

固定式のダンベルとは、重量が変えられないダンベルのことです。

金属剥き出しのものやメッキがしてあるもの、ラバーコーティングがしてあるものなどがあります。

上記の違いにトレーニング効果としての違いはなく、見た目や置いた時に床を傷つけにくいなどの差です。

重量を変えることができないので、筋肉が成長したら、新たなダンベルを買い足す必要があります。

 

筋トレ初心者におすすめのダンベル【可変式一択】

筋トレ初心者におすすめのダンベル【可変式一択】

筋トレ初心者におすすめのダンベルは高機能型の可変式の一択です。おすすめする理由は2つです。

理由の1つ目は、

可変式を1つ買えば、さまざまな重量でトレーニングできることです。

筋トレをしてみるとわかりますが、使用する重量は種目によって様々ですし、筋トレ始めたてであれば、成長が早く、扱える重量はどんどん上がっていきます。

もう1つの理由は、

左右が平なことです。

先ほども紹介したように、平らでないとダンベルを一旦ヒザの上に置くことができません。
ダンベルを一旦ヒザに置くというシチュエーションは想像以上に多いものです。

シャフト&プレート型でも、シャフトの突起を避けてプレート部分だけをヒザに乗せることも不可能ではないですが、非常にやりにくいです。

価格についてですが、確かに高機能型の可変式は価格が高いです。
しかし、ジム通うことを考えたら、非常に安上がりです。

2個セットで使うことが多いので、2個買う必要があり、2個合わせると、数万円します。
しかし、ジムの会費が1万円弱のところが多いことを考えると、1年以内に回収することができます。

ダンベルは消耗品ではないので、1度買ったら、ずっと使うことができます。
長く使うものなので、最初から良いものを揃えておいた方が良いと思います。

 

可変式が買えないならチューブがおすすめ

可変式が買えないならチューブがおすすめ

自宅で、筋トレをしたいけど、お金もかけたくないという人は、ダンベルではなくトレーニングチューブがおすすめです。

トレーニングチューブは固定式のダンベルよりも安価ですし、1つ買えば負荷の大きさもいろいろと変えられます。

安いからと言って、固定式のダンベルを買うと、重量を変えられないので、ずっと同じ重量でトレーニングをすることになります。
すると、なかなかトレーニング効果は現れないので、筋トレが嫌いになってしまうと思います。

家に置いておくとしても、チューブの方がスペースをとりません。

また、トレーニングに飽きて使わなくなったとしても、チューブであれば簡単廃棄することもできます。

可変式が購入できないのであれば、いっそダンベルはやめてしまって、チューブにする方が良いです。

 

ベンチ台も一緒にあるとトレーニングの幅が無限大

ベンチ台も一緒にあるとトレーニングの幅が無限大

ダンベルだけでなく、ベンチ台も揃えると、家でのトレーニングがジムでのトレーニングと比べても遜色ないものになります。

例えば、ダンベルを使ったベンチプレスをやる場合。ベンチ台がなく、床に仰向けになると、ヒジを最も下げても体と同じ位置までです。

ベンチ台を使うと、ヒジを体の後ろまで下げることができます。

このように可動域を広げることができます。可動域を広げることは、トレーニングの質を高めることと同義です。

また、ベンチ台によって、角度をつけられるものがあります。
角度が変えられるベンチであれば、さらにトレーニングの幅を広げることができます。

ベンチ台は安すぎるものを選ぶと、ガタついてしまうこともあるので、慎重に選びましょう。

ベンチ台もあまり安くはありませんが、長年使えることを考えると、そこまで高い買い物ではないはずです。

 

以上、筋トレ初心者におすすめのダンベルの選び方でした。
ぜひ参考にしてみてください。