筋トレーアイテム

【筋トレ初心者】ジムを始めるときに買うもの

【筋トレ初心者】ジムを始めるときに買うもの

どーも、まことです。
今回の記事では、筋トレ初心者がジム通いを始めるときに用意すると良いものについて紹介します。

筋トレ初心者
「ジム通いを始めるんだけど、何か揃えた方が良いものってある??」

こんな疑問を解決します。

 

ジムを始めるときに買うもの

ジムを始めるときに買うもの

本記事では、3つの視点でのおすすめアイテムを紹介します。

今回紹介するアイテムは下記の5つです。

マストアイテム
・スポーツウェア
・シューズ

最初にあるとベター
・パワーグリップ
・シェイカー
・タオル

今後あるとベター
・トレーニングベルト
・リストラップ

それぞれ説明していきます。

 

スポーツウェア

スポーツウェア

マストアイテムの1つ目はスポーツウェアです。

これがないと、ジムでトレーニングすることが許されません。
上下のウェアに加えて、女性の方は靴下も忘れないでください。

靴下はないとトレーニングできないほどではありませんが、ご自身が快適にトレーニングできるかに大きく関わります。

選び方

スポーツウェアは動きやすいものであればなんでもOKです。
とはいえ、ジーパンが動きやすいと言っても、それは許されません(笑)

Tシャツは普段きているものでもOKですが、通気性・吸汗速乾性のあるものだと快適に過ごせます。

ジムは基本的に空調が完備されているので、年中半袖半ズボンでも快適に過ごせます。

冬だからと言って、厚手のスポーツウェアを購入すると、ジムでは暑くて着ていられないかもしれません。

おすすめのメーカー
無難ではありますが、adidas、NIKEなどが入手しやすくお洒落です。

リーボックなどもお洒落で男女共に着ている人が多いように思います。

男性では、アンダーアーマーをきている人も多いです。

・adidas公式HPはこちら
・NIKE公式HPはこちら
・リーボック公式HPはこちら
・アンダーアーマー公式HPはこちら

 

 

シューズ

シューズ

ジムによっては、土足OKなところもありますが、運動用のシューズを持っていない人は、購入した方が良いです。

シューズは足に合う合わないがあるので、ぜひ店頭で試してからの購入をおすすめします。

選び方

シューズは万人におすすめできる万能のものがあるわけではありません。個人の目的に合わせて選びましょう。

選び方を以下で紹介していきますが、それでも迷った人はフットサルシューズがおすすめです。

シューズ選びは意外と難しいです。

ランニングシューズを思い浮かべてみるとわかるようにランニングには、クッション性の高いシューズが適しています。

一方、筋トレには、クッション性がない方が、足元が安定するため、クッション性のない靴が良いです。

しかし、筋トレ初心者が、ランニング用のシューズと筋トレ用のシューズの2つを揃えるのはハードルが高いと思います。

なので、

ランニングをメインでやりたい人はクッション性の高いもの。
筋トレメインでやりたい人はクッション性の低いものを選んでみてください。

どっちもやりたいという欲張りな人にはフットサルシューズがおすすめです。

おすすめの理由は3つあります。

・必要十分なクッション性がある
・多方向への踏ん張りが効く
・値段が安い

フットサルは走ることが多いスポーツなので、フットサルシューズには必要十分なクッション性があります。
とはいえ、フットサルは足でボールを扱うスポーツのため、足でボールを扱っている感覚が失われない程度のクッションになっています。

また、フットサルはまっすぐにだけ走るスポーツではなく、いろいろな方向に切り返すスポーツです。そのため、シューズもいろいろな向きで踏ん張ることができるような仕様になっています。

さらに、フットサルは世界で最もメジャーなスポーツの一つです。
なので、シューズの数も多く出ていて、種類方法で値段も安いです。

おすすめのメーカー
ウェアと同じように無難にadidasやNIKEがおすすめですが、フットサルシューズであれば、アシックスやミズノなどもおすすめです。

アシックスの公式HPはこちら
ミズノの公式HPはこちら

 

 

パワーグリップ

パワーグリップ

パワーグリップは、握力の補助をするのがメインの目的のアイテムで、手の平が痛くなったり、マメができたりするのも防いでくれます。

パワーグリップがないとトレーニングができないことはありませんが、あると便利なアイテムです。

握力の補助として、パワーグリップが活躍するのは、主に背中の筋肉のトレーニングをしている時です。
握力を補助してあげないと、背中の筋肉のトレーニングをしているのに、握力の方が先にヘタってしまい、背中の筋肉を十分に鍛えられないということが起きてしまいます。

パワーグリップを使うとそれが防げるので、トレーニング効果をアップさせてくれます。

また、手の平を保護してくれるようにも使えます。
女性の方であれば特に、マメができて、手の平がごつくなってしまうのは嫌ですよね?
パワーグリップはそれも防いでくれます。

おすすめのパワーグリップ

IROTECのパワーグリップがおすすめです。
値段は比較的安いのにもかかわらず、作りはしっかりとしています。耐久性も優れています。

私自身も使っていて、100kgのラットプルダウンや、150kgのデッドリフトをやり続けていても全然破れたりする気配はなく、3年ほど使い続けています。

最初はゴムのような化学的な匂いがしましたが、使っている中になくなりました。

 

シェイカー

シェイカー

ジムに行くたびに、ペットボトルのスポーツドリンクを買っても良いですが、それだとお金がかかってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、自宅で作ったドリンクをシェイカーで持っていくことです。

スポーツドリンクを入れても良いですし、BCAAやEAAといった、筋肉の成長を助けるようなサプリメントを入れてもOKです。

 

選び方

シェイカーには大きくわけて3種類あります。

・大きな飲み口があるタイプ
・小さな飲み口があるタイプ
・飲み口がないタイプ

正式な名称は不明です。私が勝手に命名しました(笑)

おすすめは大きな飲み口のあるタイプ

トレーニング中に飲むのに適しているのは、大きな飲み口があるタイプです。
すぐに飲み口をあけることができるので便利です。こぼれにくいというポイントもあります。

スポーツドリンクは、こぼすとベタベタしたり、乾燥すると跡が残るので、ジムのスタッフにすごく嫌がられます。

私も、ジムのスタッフをしていた時に、毎回ドリンクをこぼす人がいて、その人が来るとマークしていました(笑)

簡単に別もタイプも紹介していきます。

小さな飲み口があるタイプ

このタイプは飲み口を直接触る必要があるので、あまり衛生的ではないです。
また、勢いよくでるので、飛び散りやすい点がマイナスです。

飲み口がないタイプ

このタイプは、飲むたび毎回蓋を開けるのが面倒です。
また、フタについたドリンクがこぼれやすいです。

おすすめのシェイカー
マイプロテイン シェイカー

マイプロテインのシェイカー
通常価格690円ですが、大抵は30~45%OFFのセールがやっているので、500円以下で購入できます。

マイプロテインの商品は公式HPから買うのが最もお得!!
マイプロテインの公式HPはこちらから

 

タオル

タオル

タオルは必須ではありませんが、ランニングをする人は持っていくと便利です。

また、大抵のジムにはシャワーかお風呂があるので、運動中に使用するものに加えて、もう1つシャワー後用に持っていくと便利です。

ジムでランニングする際は、冬でもタオルは必要です。
ジムは空調が効いているので、年中同じような室温が保たれています。そのため、冬でもランニングをすると普通に汗をかくので注意が必要です。

とはいえ、特別なタオルを用意する必要なく、家にあるものでも全然問題なしです。

運動中に使用するタオルは長細く、首にかけられるものが便利です。
シャワー後に使用するタオルは、ごく一般的なバスタオルでOKです。

 

トレーニングベルト

トレーニングベルト

トレーニングを続け、レベルが上がってくると使用したいのがトレーニングベルトです。

トレーニングベルトは腰を痛めるのを防止するアイテムです。

怪我を防止するためのアイテムなので、ジムに通い始めるタイミングで用意しても良いです。

ただ、最初から使用していると、これに頼り切ってしまうのではないかと考えたのと、やり始めたタイミングではトレーニングの強度もそこまで高くないので、必ずしもいるものではないと思ったので、後々揃えたいものとして紹介します。

通い始めは入会金などの経済的な負担があるので、負担が重くなりすぎるのも良くないと思ったのも理由の1つです。

財布に余裕があって、ケガの可能性を少しでも減らしたいという人は最初から買ってもOKです。

私の使っているトレーニングベルト

トレーニングベルトは奥が深く説明すると長くなってしまうので、本記事では割愛します。
ちなみにでの紹介で、私が使っているのはRISEのトレーニングベルトです。

RISEの公式HPはこちらから
こちらは海外のサイトです。
私は海外から取り寄せました。(アマゾンでも購入できますが、割高だったので)

 

 

リストラップ

リストラップ

こちらもトレーニングのレベルが上がってくると使用したいアイテムの1つです。
リストラップは手首を痛めるのを防止するアイテムです。

ベンチプレスなど押す系の種目で扱える重量が上がってきたら使用したいアイテムです。

私はベンチプレスの重量が80kgを超えたくらいから、手首が痛くなり始めたので、使用し始めました。

手首が強く全然問題ないよという人は使用しなくてもOKです。
扱っている重量は軽いけど手首が痛いという人はぜひ使ってみてください。

私の使っているリストラップ

しっかりと手首をホールドしてくれます。
耐久性も高いです。私は、4年ほど使っていますが、まだまだ使えそうです。

リストラップは、マジックテープが使えなくなることによって、買い換えることが多いのですが、この商品は、マジックテープの耐久性が高いので長く使えています。

以上、筋トレ初心者がジムを始めるときに買うとよいものでした。

今回紹介したアイテムは下記です。

マストアイテム
・スポーツウェア
・シューズ
最初にあるとベター
・パワーグリップ
・シェイカー
・タオル
今後あるとベター
・トレーニングベルト
・リストラップ

みなさんの参考になれば幸いです。