筋トレーアイテム

ジムで履くシューズに最適なのは?

どーも、まことです。

今日は、ジムでトレーニングする際に、どんな靴を履くのが一番いいのかについて話していこうと思います。
ここで言うジムでのトレーニングとは、ウエイトトレーニングのことで、ランニングなどの有酸素運動のことではありません。
ウエイトトレーニングに向いている靴と、ランニングシューズでは、全く特性が異なってきますので注意してください。

ジム専用のシューズは存在する

ジムトレーニングに向いているシューズは何かという記事を書いていますが、
実は、ジム専用のシューズというのが存在するのです。

そうなると、
そのシューズを選べばいいし、こんな記事いらないじゃん
と思われる方もいるかもしれません。

でも、私はジムを5年以上続けているのですが、私自身、そのようなシューズを履いている方をジムで見たことがありません。
これは単に、私が、そのようなシューズを履いている人とは全然違う世界でトレーニングをしているというだけかもしれません。
しかし、そうであるならば、私よりライトな一般的な方には、まったく履かれていないといえると思います。

なぜ、専用のシューズは、あまり履かれていないのでしょうか?
それは、単純に専用のシューズが特殊すぎて他の用途には使えない(使いにくい)ものであり、なおかつ結構な値段がするという理由からだと思います。

なので、今回の記事では、ジム専用ではないけれど、ジムでの使用に向いているというシューズを紹介していきます。

ジム専用シューズの特徴

どんな靴がジムトレーニングに向いているのでしょうか?
それは簡単で、ジム専用シューズの特徴を持っているシューズが、ジムに向いているシューズなのです。

それでは、ジム専用のシューズの特徴を見ていきましょう。


これがジムトレ専用のシューズです。

このシューズの特徴、1つ目の特徴は、ちゃんと足にフィットするということです。
運動用のシューズであれば、どんなものでもそうだと思いますが、ゆったりしたものではなく、中で足がずれたりしないものであるということです。
これは、特段言わなくてもわかることかと思います(笑)

2つ目は裏面が平らなことです。
写真をクリックして、リンクに飛んでいただければ、裏面の写真があると思います。
それを見ていただければ、わかりますが、本当に真っ平です。
平らなので、安定性が非常に高いです。

3つ目の特徴で、クッション性がないことです。
これは挙げた3つの特徴の中で最も重要な特徴です。
クッション性がない方がいいの!?と思われる方もいるかもしれません。
普通のスポーツシューズは、クッション性が高い方が、脚への負担が減り、良いとされることが多いように思います。
しかし、重い重量を担ぐスクワットをする際などは、クッション性が仇となるのです。

想像してみてください。
ぶよぶよのやわらかい床でスクワットするのと、硬い床でスクワットするのとでは、どちらがやりやすいでしょうか。
もちろん硬い床ですよね。

クッション性の高いシューズでスクワットするのは、やわらかい床の上でスクワットをするようなものです。
なので、クッション性がない方がジムでのトレーニングには向いているのです。

 

ジムでのおすすめなシューズは?

ジムトレーニング専用のシューズは、種類が少なく、値段が高いといいましたが、では、専用ではないけど、向いているシューズはどんなものがあるのでしょうか?

インドア用フットサルシューズ
クッション性は多少ありますが、ふんばりを邪魔するほどのクッション性はありません。
なので、上記の特徴は備えています。
いろんな種類がありますし、値段も安いです。
スポーツ用品店の棚卸商品を選べば、3000円いかないくらいのものもあります。

5本指シューズ
あまりなじみがないかもしれませんが、5本指シューズもお勧めです。
どんなものか想像がつかない方のために写真を載せます。

上記の特徴を備え、素足感覚なので、踏ん張りがききやすいと思います。
しかし、こういう系のシューズは、アッパーが薄いことが多いです。
ジムで履くシューズは、ダンベルなどを足に落としてしまったときの保護にもなるので、アッパーが薄いと、そういう保護力はあまりないので注意が必要です。

ジムに向かないシューズは?

では、逆にどのようなシューズがジムでのトレーニングに向いていないのでしょうか?

ランニングシューズ
ランニングシューズでも特に長距離用のような、クッション性が高いものは特に不向きです。上で書いたように、クッション性が高いと、それが仇となって力が入りにくくなったり、不安定になるからです。
また、ランニングシューズは、左右方向に力が入ることも想定されていないので、その点でも、不向きであることがわかります。

私が使っている靴は?

いろんなシューズを紹介してきましたが、私自身が履いているシューズについて最後にふれておきます。
今ジムでのトレーニングの際は、インドア用のフットサルシューズを履いています。

私がジムトレーニング専用のシューズを買わないかという理由は以下のようです。
フットサルシューズもジム用のシューズとして必要な特徴を持っているということはもちろん、私は時々フットサルをやるので、一足で二役担える方がいいということ。
あと、そもそも、ジム専用シューズがどこに売っているのか知らないということがあります。

結論としては?

ウエイトトレーニングに最も適しているのは、やはり専用のシューズですが、上記のように、フットサルシューズや5本指シューズなども適しています。

適したシューズでないと、トレーニングはできないというわけではありませんが、もしお金に余裕があれば、トレーニング中のシューズにこだわってみるのも良いかもしれません。