筋トレーアイテム

【レビュー】Fitbit Alta HR購入

どーも、まことです。
今回は、最近私が購入したFitbitのAlta HRについて紹介しようと思います。
Alta HRの使い方,良い点・悪い点まとめて紹介します。
加えて、いろいろあるFitbit商品の中でAlta HRを選んだ理由も紹介していきます。

Alta HRとは

まず、Alta HRなにかについて紹介します。

外観はこのような感じで、パッと見は、時計のように見えます。
でも、ただの時計ではなく、たくさんの機能があります。

このAlta HRでは、以下のものを記録することができます。
・歩数
・心拍数
・消費カロリー
・歩いた距離
・睡眠の記録 など

Alta HRの画面には、通常時、時計が表示されていますが、
画面をタッチすることによって、画面が切り替わり
現在の、歩数,心拍数,消費カロリー,歩いた距離を確認することができます。

 

Fitbitアプリ

Alta HRでは、その本体だけでも、歩数や心拍数などを確認できますが、本当に便利なのは、Fitbitアプリを使ったときです。
FitbitアプリはAlta HRと同期することによって、Alta HRでとったさまざまな記録を確認できます。

例えば、睡眠の記録をとることもできます。
これは私が一番気に入っている機能で、この機能があるからこそAlta HRを買ったといっても過言ではありません。

 

こんな感じでどの時間帯にどのような睡眠状態だったのか、それぞれの睡眠状態の合計時間などを確認することができます。
画像の右にある各睡眠ステージの時間については、睡眠の質について見ることが出来ます。

理想的な睡眠では、
目覚めた状態が5~20%
レム睡眠が15~25%
浅い睡眠が40~60%
深い睡眠が12~23%
だそうです。

なので、これからかけ離れて、目覚めた時間が多かったり、深い睡眠が少なかったら、質の低い睡眠と判断することが出来ます。

これは見ていて面白いというだけでなく、この結果からアクションを起こすことが出来ます。
例えば、睡眠の質が低かった場合には、前日の就寝前にした睡眠に影響を与えそうなことを書き出すのです。
それを睡眠の質が低いと出た時に繰り返します。
すると、睡眠の質が悪くなる時にしている共通のことが見つかるはずです。
そのようにして見つかった睡眠の質を下げる行動を排除することによって、睡眠の質を上げていくことが出来るのです。

睡眠の質を下げる行動として一般的に言われているようなものには、スマホを使用するやカフェインを摂取するなどがあると思います。
しかし、それも人によって影響の度合い等が変わってくるはずです。
Alta HRを使い、睡眠の質を調べることによって、その人自身の最良の睡眠法がわかるのです。

このほかにも、1日を通しての心拍数の変化を確認できます。
Alta HR本体でも、その時点での心拍数を確認できますが、それだけではなく1日を通じての変化が見れるのです。

こんな感じで、1日の心拍数の変化がわかります。
それに加え、安静時の心拍数が、59 bpmだということも見ることが出来ます。
私の知識不足で、この情報があっても、特に活かすことはできませんが、見ていておもしろいです(笑)

Alta HRの機能には、このほかに、日々の消費カロリーの記録や、どれくらいの時間運動をしていたかなどを確認できます。これらは、運動のモチベーションになると思います。

Alta HRの良い点

まだ購入して数週間ですが、Alta HRの良い点について紹介しようと思います。

・運動のモチベーションになる
Alta HRでは、どれくらいの時間運動したかや、運動によってどれくらいのカロリーを消費できたかなどの記録を確認できます。
頑張ればそれだけ良い記録が残るので達成感があり、サボればよくない記録が残るのでもっと頑張らないとという気になります。
ダイエットのモチベーション維持にも良いと思います。

・運動のリマインダー機能がある
Alta HRには、長時間の動きが少ないと、運動のリマインダーが働きます。
運動といっても、ランニングしろというほどではなく、少し歩きましょうといった具合です。
長時間の座りっぱなしは、さまざまな悪影響があるといわれているので、その対策として、リマインダーが働いてくれるのはとてもいい機能だと思いました。

・睡眠の記録がとれる
Alta HRでは睡眠の記録が数値として出るので、良い睡眠がとれたかどうかが一目瞭然です。
もし悪い睡眠と出てしまったら、前日の夜、寝る前に何をしたかを思い出し、悪くなるような要素を取り除いていきます。そうすることによって、だんだん良い睡眠をとるには、何をすればよいか、何をしてはいけないかなどが明らかになっていくはずです。

・バンドが簡単に変えれる
冒頭の写真でお見せしたように私は、黒色のバンドのものを買いましたが、黒のバンドに飽きたり、バンドが痛んでも、ワンアクションで、バンドが取り外せるので、簡単に取り換えることが出来ます。
バンドはAmazonで、千円程度で、いろいろな種類のものが売っています。
これは、普段使う機能ではありませんが、あると便利な機能だと思ったので、ここにあげました。

Alta HRの悪い点

次に、良くないと思った点について紹介していこうと思います。

・記録の信憑性に疑問あり
Alta HRでは、様々な記録をとることが出来ますが、その記録について、正確さはよくわかりません。
特に、歩数については結構カウントが甘く、記録を見て、そんなに歩いてないよ(笑)となることもあります。

・すこし邪魔
さまざまな記録をとれるのは、とても良いのですが、その記録をとるには当然Alta HRを身につける必要があります。特に睡眠の記録をとるには、寝ている間に付ける必要がありますが、時々引っ掛かり邪魔に思うことがあります。ただ、Alta HRが邪魔で目が覚めるなんてことはありません(笑)

・外すのがすこし面倒
私が感じたAlta HRの不便な部分として、外すのが面倒ということがあります。
写真でわかるように、Alta HRのバンドは、ベルトのような普通のバンドになっています。
赤丸で囲まれた部分の内側(上側の写真)に、青丸で示した突起物がついています(下側の写真)。
これは普段、不意に外れることを防止しているのかもしれませんが、これが外すときに、穴に引っ掛かり、外すのが大変になります。
私は、お風呂に入るとき外すのですが、毎回外すのが大変です。

最後に

Fitbitの商品には他にも、Alta HRのように歩数や心拍数などを記録できるものがたくさんあります。
私は、睡眠の記録に一番興味があったので、睡眠時に付けるのに邪魔にならないように、中でも小さめのAlta HRを選びましたが、Apple watchみたいなカッコいいものもありました。
興味がありましたら、Fitbitのホームページで確認してみてください。
また、コメントにて質問いただけたらわかる範囲でお答えしますので、お気軽にコメントしてください!!

ちなみに、私の購入したのは、こちらの商品です。

以上でFitbit Alta HRの紹介を終わります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。