筋トレー知識・雑学

ジムで鍛えた筋肉は見せる筋肉でスポーツでは使えない!?

どーも、まことです。
今日は、巷でよく言われる「ジムで鍛えた筋肉は見せるための筋肉でスポーツでは使えない」ということについて話していこうと思います。

ボディビルダーの筋肉はスポーツには役に立たないことも

ジムで鍛えた筋肉、特にボディビルダーの筋肉はスポーツには役に立たないというのは当たっているとも、間違っているとも言えます
「役に立たないなら、筋トレするのやめよう」と思ったそこのあなた、ちょっと待ってください。
ジムで鍛えた筋肉は全く役に立たないというわけではありません。
むしろ、適切な筋トレをし、適切な筋肉をつければパフォーマンスの向上やケガの防止につながります

ジムで鍛えた筋肉がスポーツに使えないと言われる1つの根拠は、筋肉は重いから動きが悪くなるということです。
確かに体脂肪よりも比重が重く、過剰な筋肉をつけると、動きが鈍くなるというのは事実といえます。
しかし、筋肉をつけることによってパワーもあがるので、適切な量の筋肉をつければパフォーマンスアップにつながります。例えば、野球のピッチャーで言うと、筋トレをすることによって、球速を上げることも可能です。
また、各スポーツによって必要とされる筋肉が違ってくるので、どんな筋トレをするのかも重要です。必要ない筋肉をつけると、それは重りとしてのデメリットが優位になります。

 

筋トレとスポーツとの決定的な違い

適切な筋トレはスポーツのパフォーマンスアップにつながると、上では述べました。
とは言うものの、皆さんの周りでもこんなことがあるかもしれません。
・ジムで毎日のように運動してるのに、運動音痴。
・マッチョだから力仕事を頼んだのにすぐに疲れてしまった。

これらは、筋トレとスポーツの決定的な違いによるものです。
その決定的な違いとは、スポーツはできるだけ効率的な動きをし、筋トレはできるだけ非効率的な動きをするという点です。
一見、なんのことやら全く見当がつかないという方もいらっしゃると思います。
ちゃんと説明するので安心してください(笑)

スポーツでは、最小限の力で最大限の力を発揮しようとします。
例えば、サッカーでは、ボールを蹴る際に、助走をつけたり、振りかぶったりします。このようにして、できるだけ強いシュートを打とうとしたりします。

しかし、筋トレでは、これとは全く逆のことをします。
例えば、筋トレでよく言われることに「反動を使わない」ということがあります。反動を使えば楽にできることを、反動を使わずにできるだけ筋肉に負荷をかけようとします。

これがスポーツと筋トレの決定的な違いです。

筋トレ上級者の方は、日ごろジムで行なっているできるだけ非効率的な動きが身についてしまっています。
それがスポーツをやるときにも出てしまうのです。
なので、すぐに疲れてしまったり、予想に反して強いボールが蹴れなかったり、投げられなかったりするのです。

このようなことによって、マッチョな人が運動できないということが起き、それがジムで鍛えた筋肉はスポーツで使えないということになるのだと思います。

ボディビルは一種のスポーツ

私個人の考えとしては、マッチョな人がスポーツ万能ではないことは全然おかしいことではなく、至極当然のことだと思います。

筋肉をつけることはボディビルという一種のスポーツです。
日々鍛えて筋肉をつけて、コンテストでその肉体美を競い合う。
美しさを競うという点では、フィギュアスケートと似ていると思います。

プロのボディビルダーほどではなくとも、ジムで鍛えて筋肉をつけることは、ボディビルというスポーツをしているのだと思います。
そのボディビルというスポーツの選手が他のスポーツ競技がうまくないことは当たり前にありえることだと思います。
言い換えれば、野球選手でサッカーがうまくない人がいるのと一緒だと思います。
そう考えれば、マッチョがスポーツがうまくないこともあり得ることだと思いませんか?
なので、皆さんもマッチョがスポーツ万能でなくても許してあげてください(笑)

参考図書:渡辺あきこ他「筋トレを科学する」洋泉社