筋トレー知識・雑学

呼吸を意識してトレーニングを行なう

どーも、まことです。
今回は、トレーニングの動作時の呼吸について話していこうと思います。

なぜ呼吸を止めてはいけないのか

トレーニングの最中に呼吸を止めてはいけないというのは、よく聞くと思います。
呼吸を止めてトレーニングを行なうと、顔が赤くなったり、人によっては血管が浮き出てくることもあるかもしれません。
これは、瞬間的に血圧が上昇している証拠なのです。

このように、血圧が一気に上がると、心臓に強い負担がかかり、様々な身体的なトラブルを引き起こす可能性を秘めています。
例えば、高い圧力に対抗するために無理に血液を送り出す動作を繰り返すことになり、心臓の壁が必要以上に厚くなってしまいます。
このような身体的トラブルを回避するために、呼吸を意識してトレーニングを行ないましょう。

どのような呼吸をすればよいのか

トレーニングの中の呼吸の基本としては、力を込めるときに息を吐き、緩めるときに息を吸います。
例えば、ベンチプレスでは、ウエイトを挙げながらに息を吐き、下ろしながら息を吸うという具合です。
重い重量をあげる時に息を止めてしまうのは、息を止めた方が力がいれやすいからですが、息を吐きながらというのは、息を止めながらと同じくらいの力の入れやすさがあります。
メニューによっては、インストラクターに、逆の呼吸法を指示されることもあるかと思います。
例えば、背中のトレーニングであるラットプルダウンは、上から下に向かって引く動作を行なうので、先程の基本に従えば、下に引く動作の際に息を吐きます。
しかし、ラットプルダウンの動作では、腕を引いた状態で胸が開き、腕を伸ばした状態で胸が閉じます。なので、胸を開き(腕を引き)ながら息を吸い、胸を閉じ(腕を伸ばし)ながら息を吐くのが、胸の動きとしては自然なのです。

呼吸を意識するのが難しい場合は

フォームを意識しながら、また、ウエイトを下すときはゆっくりとなどトレーニングの動作中は意識しなければいけないことがたくさんあります。
なので、筋トレ初心者の方は、ウエイトを挙げながらに息を吐き、下ろしながら息を吸うというのを意識するのがなかなか難しいということもあるかもしれません。

そのような方は、最初は呼吸を止めないことを意識するだけでも良いかと思います。

呼吸は止めた状態で行なうのが最も危険で、呼吸が逆になってしまっても止めてしまうのと比べたら全然問題はないです。

しかし、呼吸法を工夫することによって、より高いトレーニング効果を得ることもできるので、トレーニングに慣れてきたら、ちゃんと呼吸を意識するようにすると良いです。