筋トレーメニュー

【初心者】筋トレのインターバルはどれくらいがいい?

【初心者】筋トレのインターバルはどれくらいがいい?

どーも、まことです。
今回の記事では、筋トレ初心者におすすめのトレーニングのインターバルについて解説していきます。

筋トレ初心者
「セットとセットの間のインターバルはどれくらいにしたらいいんだろう・・・」

こんな疑問を解決します。

筋トレ初心者のインターバルは2分

筋トレ初心者のインターバルは2分

さっそくですが、結論を紹介すると、筋トレ初心者におすすめのインターバルは2分です。

トレーニング歴の長い人の中には、5分やそれ以上長いインターバルを取る人もいます。
しかし、初心者は2分で良い理由は以下の2点です。

・初心者は筋肉を強く刺激することができない
・筋肉量が少ない

以上から、短めのインターバルで回復させることが可能です。

筋トレ初心者のインターバルは2分がおすすめです。

 

インターバルは長めに

インターバルは長めに

もしかすると「2分のインターバルは長いのでは?」と感じた人もいるかも知れません。

なぜなら、以前は短いインターバルを推奨されていたからです。

古めの筋トレ関連の書籍などをみてみると、45〜60秒などの短いインターバルが推奨されていたりします。

なぜ短いインターバルが推奨されていたかと言うと、短いインターバルだと成長ホルモンの分泌が促進されるからです。
そして、成長ホルモンは筋肉の成長に貢献するとされていました。

しかし、すでに、成長ホルモンの量と筋肉の成長には相関関係がないということがわかっています。*1

そのため、長めのインターバルをとり、筋肉を回復させましょう。
筋肉を回復させてからのトレーニングの方が、より筋肉に刺激を与えることができるので、トレーニング効果が高まります。

 

インターバルが長いと注意を受けるかも

インターバルが長いと注意を受けるかも

もしかすると長くインターバルを取っていると、ジムのスタッフに注意を受けるかもしれません。

前述したように、昔は筋トレのインターバルは60秒以下が良いという説がありました。

昔の情報しか知らないジムのスタッフもたまにおり、長いインターバルを取っていると、注意される場合があります。

次章では、そんな場合にも使える長いインターバルを取るためのテクニックも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

長くインターバルを取るためのテクニック

長くインターバルを取るためのテクニック

それでは、長くインターバルを取るためのテクニックを紹介します。

・早朝・深夜にジムに行く
(空いている時間にジムに行く)
・1セットずつマシンから離れる
・インターバル中にスマホを触らない

早朝・深夜にジムに行く
24時間営業のジムでしかできない方法ですが、早朝・深夜に行くのは、とても有効な方法です。

早朝・深夜に行く目的としては、お客さんが少ない時間を狙うためです。

1つの器具を延々と使っていても、他にお客さんがいなければ、スタッフも何も言ってきません。

24時間営業でないジムの場合、空いている時間で代用が可能です。

1セットずつマシンから離れる
インターバルが長いと注意されるのであれば、いっそのことインターバル中は器具から離れてしまいましょう。

この方法には難点が2つあります。

1つは、この方法はマシンでないと難しいということです。
なぜなら、フリーウエイトだと、離れる際にプレートを外しておかなければいけません。
プレートを毎セット付け直すのは、超ダルイです。

もう1つは、混んでいるジムではやりにくいということです。
混雑時だと、器具を離れると、他の人に使用されてしまう可能性が高いからです。
他の人に使われてしまうと、その人が終わるまで待つ必要があり、インターバルを一定に保つのは難しいです。

また、インターバルのたびに他の人に使われることになると、インターバルが非常に長くなってしまいます。
その結果、トレーニング時間がかなり長くなってしまう可能性もあります。

インターバル中はスマホと触らない
スマホを触っていると、サボっているようにみられる可能性があります。
それを避けるための方法です。

インターバルを決めて、その間だけSNSをみているとしても、周りの人には伝わりづらいです。

サボっている濡れ衣を着せれないようにするために、スマホを触らないようにするのも1つの手です。

もしかしたら、効果は薄いかも知れませんが、簡単な方法なので、一度挑戦してみても良いと思います。

 

ジムを変えるのも手

ジムを変えるのも手

前述の対処法を試してみるのもありですが、いっそのことジムを乗り換えるのも1つの手です。

昔の説をずっと信じているようなジムのスタッフは決してレベルが高いとは言えません。

現場のスタッフのレベルが低いようであれば、とりあえず、マネージャークラスの人と相談をしてみるのもありです。

それでもダメなら、残念ですがそのジムは諦めるしかないかもです。

他にもジムの選択肢がたくさんある場合は、他のジムを検討してみましょう。

地方でジムが少なく、他のジムがない場合は前述の対処で騙し騙しやるしかないです。

近年のフィットネスブームを受けてスポーツジムは増加傾向にあるので、増えることを期待してみましょう。

以上、筋トレ初心者におすすめのインターバルを紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。

【ジム】初心者におすすめのトレーニングメニュー【マシン】
【ジム】初心者におすすめのトレーニングメニュー【マシン】筋トレ初心者の皆さま、ジム通いを始めたもののどんなトレーニングをすれば良いか迷ったりしていないでしょうか?本記事では、筋トレ初心者におすすめのジムでのトレーニングメニューを紹介しています。ぜひご覧ください。...