筋トレーメニュー

マシンVSフリーウエイト【違いわかって使っていますか?】

どーも、まことです。
今回の記事では、マシントレーニングとフリーウエイトトレーニングの違いについて解説していきます。

トレーニング初心者
「トレーニングには、マシントレーニングとフリーウエイトトレーニングがあるって聞いたけど、どっちをやったら良いの??」

こんな疑問を解決します。

 

マシンとは?フリーウエイトとは?

まず、簡単にマシンとフリーウエイトついて説明していきます。
そんなの知ってるよって方はこの章は飛ばしていただいて結構です。

マシン

マシンとは、特定の種目ように作られたものです。
基本的に1つのマシンで出来る種目は1つです。

トレーニングに関しての特徴以外では、重量の変更がしやすいという特徴もあります。
ピンの位置を変えることで、簡単かつ安全に重量の変更ができます。

写真にあるようなピンの位置を変えるだけで、重量設定を変えることが出来ます。

マシンの例としては、レッグプレス,チェストプレスなどがあります。

 

フリーウエイト

フリーウエイトは、言葉で説明するよりどんなものか見た方が簡単に理解ができると思います。

この写真はダンベルと呼ばれるものです。
ものと名前が一致しなくても、ダンベルというのは聞いた事があるのではないでしょうか?
簡単に言ってしまえば、フリーウエイトとは、握りやすいような形をしたおもりです。

フリーウエイトの例としては、バーベル,ダンベルなどがあります。

以上、マシンとフリーウエイトの説明です。
実物を見れば違いは一目瞭然です。

マシンのメリット・デメリット

まず、マシントレーニングについての解説をしていきます。

マシンの特徴は何といっても、特定の種目専用に作られているということ。
特定の種目専用に作られているので、その型どおりの動きにしか使えません。

その型どおりの動きしかできないというのは、良くも悪くも働きます。

マシンを使ったトレーニングのメリット

・簡単にフォームを習得できる
・安定している

それぞれについて、解説していきます。

簡単にフォームを習得できる
その種目の動きしかできないということは、人がマシンによって強制的に動きを決められるということで、マシンに合わせていれば、自然と正しい動きになれます。

安定している
軌道が制限されているということは、安定しているということで、
バランスをとったりする必要がないので、目的の筋肉のみを使うことができます。

実は、「目的の筋肉のみを使える」に関しては、賛否両論あります。

反対派の意見は、実際のスポーツの場面では、特定の筋肉だけ独立して使うことは、ほぼないため、マシントレーニングはスポーツパフォーマンス向上につながらないというものです。

賛成派の意見は、マシントレーニングによる筋力向上が、パフォーマンス向上につながるというものです。

 

フリーウエイトのメリット・デメリット

次に、フリーウエイトトレーニングについて解説していきます。

フリーウエイトを使ったトレーニングのメリット

・多くの筋肉を使える
・さまざまなバリエーションがある

それぞれについて、解説していきます。

多くの筋肉を使える
マシンに比べ、不安定という特徴があり自分でバランスを取る必要があります。
バランスを取るためさまざまな筋肉を使うことができます。

マシントレーニングよりも、フリーウエイトトレーニングの方が、筋肉の活性が高まるという研究報告もあります。

さまざまなバリエーションがある
フリーウエイトは動きが固定されていないので、さまざまなバリエーションを持たせることも可能です。

フリーウエイトの動きが固定されていないということに関しては、デメリットとも言えることがあります。

それは、フォームに意識しながらエクササイズを行なう必要があるということです。

フォームの習得は一人でやるのは難しく、初心者の場合、フォームを習得することから始めなければいけません。
正しいフォームでトレーニングを行なわないと、ちゃんと筋肉に効かないばかりか、ケガに繋がる可能性もあります。

マシンとフリーウエイトの使い分け

みんなさんが一番気になるのが、どっちを使えばいいのかということだと思います。
これに関しては、いろいろな意見があると思いますが、私の意見は下記です。

基本的にフリーウエイトで鍛えて、補助的にマシンを使うというのがベスト

理由は下記です。
フリーウエイトトレーニングでは、さまざまな筋肉を使えるので、メインで使いたいです。
ただ、フリーウエイトだけでは、鍛えにくい筋肉もあるので、その筋肉を鍛える時は、マシンを使うという感じです。

初心者には、マシントレーニングの方がおすすめという人も中にはいます。
なぜなら、マシントレーニングの方がケガの危険性が低いからです。

ですが、フリーウエイトの方が、トレーニング効果が高いことは明らかになっているので、フォームしっかり習得して、フリーウエイトトレーニングする方がおすすめです。

 

以上、マシンとフリーウエイトの違いの解説です。

私がトレーニング始めた時は、ジムには器具がたくさんあり、「どれをやったらいいんだ~!!」という感じでした(笑)

もしかしたら、私と同じように悩んでいて、この記事に行きついたという方もいるかもしれません。
今回の記事がそんな方の参考になれば幸いです。